Primera Division de Argentina アルゼンチン1部リーグ

クルス・アスルがFIFAに提訴 テオフィロ・グティエレスの処遇はどうなる?

コロンビア代表FWテオフィロ・グティエレスの前所属チームであるメキシコのクルス・アスルがFIFAに提訴
▲ 念願のリーベル・プレートに加入し、親指を立てて笑顔を見せるテオフィロ・グティエレスだが…
テオフィロ・グティエレスを今年手放したメキシコの強豪クルス・アスルが、テオフィロ・グティエレスの移籍に関するトラブルについてFIFA(国際サッカー連盟)に提訴することがわかった。クルス・アスルのスポーツディレクターであるアグスティン・マンソ氏が明らかにした。

1985年生まれで現在28歳になるテオフィロ・グティエレスは、国内で活躍後アルゼンチンのリーグでも活躍。2009年からはコロンビア代表にも定着して、これまでに10ゴールを挙げている。2012年からはメキシコのクルス・アスルでプレイしていたが、今年になってリーベルのラモン・ディアス監督が熱心にアプローチを仕掛け、グティエレス本人もまたリーベルへの憧れがあったため移籍が成立。クルス・アスルとリーベルとの間でも合意に至ったとされ、移籍金は300万ドルと報じられていた。

ところが、移籍の成立後に問題が発生する。グティエレスを獲得したリーベルが、クルス・アスルに対していまだに移籍金を支払っていないことが明るみになり、業を煮やしたクルス・アスルは移籍金未払いのリーベルを相手取ってFIFAに提訴することを決断せざるをえなかったようだ。
提訴の詳細についてマンソ氏は「裁判に任せる」と端的に回答するに留めているが、結果次第ではテオフィロ・グティエレスをクルス・アスルに引き戻す可能性もありうるという。

しかし、被告側のリーベルはなぜか強気だ。ラモン・ディアス監督は「全額ではないが一部は支払い済みで、残りも段階的に支払っていくとフロントから聞いているので今回の件は問題にならないだろう。私はテオフィロの得点力を買っているし、チームにとって不可欠な戦力。今さらメキシコに返すわけにはいかない」と記者会見の席で断言している。

果たして、この移籍騒動はどのような結末を迎えるのか。そしてテオフィロ・グティエレスの処遇はどうなるのか。

2013.08.16

★スーペルリーガ・アルヘンティーナの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。