Copa do Brasil 2013 コパ・ド・ブラジウ 2013

グレミオの猛攻をしのいだアトレチコ・パラナエンセが決勝進出

コパ・ド・ブラジウ 2013 準決勝 2nd.Leg グレミオ 0-0 アトレチコ・パラナエンセ
▲ 攻め続けながらもゴールが遠く、ピッチに膝をついて肩を落とす元ブラジル代表MFゼ・ホベルト
11月6日に行われたコパ・ド・ブラジウの準決勝 2nd.Leg。リオ・グランジ・ド・スウ州の州都ポルト・アレグレで行われた「グレミオ×アトレチコ・パラナエンセ」は、両者無得点で終了。1st.Leg を勝っていたアトレチコ・パラナエンセが、2試合合計 1-0 で決勝進出を果たした。

ボール支配率でも上回ったグレミオは、1分にパラのフリーキックをホドウフォがヘディングシュート。36分にはソウザ、そして39分にはバルコスと相手の倍以上のシュートを打ったがゴールを割れず、前半を 0-0 で終了した。

とにかく勝たなければ敗退が決まるグレミオは、後半も引き続きボールを支配。46分にゼ・ホベルトがミドルシュートを打てば、57分にはコーナーキックから最後はクレーベルがシュートを打ったが、わずかにゴールポストの右へ逸れていった。

▲ 押されっぱなしの試合を無失点で切り抜けて決勝進出を果たしたアトレチコ・パラナエンセ。パウロ・バイエル(右)らは試合後、笑顔で健闘を称え合った。
劣勢のアトレチコ・パラナエンセにはツキがあった。62分にハミーロのシュートがクロスバーを直撃すると、77分にはバルコスのシュートをGKウェベルトンが両手で枠外に弾き出した。

最後まで攻め続けたグレミオは、89分に味方のくさびでゴール前に飛び出したバルコスが左足でシュートを打ったが、GKウェベルトンの体に当たってゴールへ転がっていったボールを、カバーに入ったルイス・アウベルトが大きく蹴り上げてクリア。結局決定力を欠いたグレミオは敗れ去り、2試合合計 1-0 の接戦でアトレチコ・パラナエンセが決勝進出を果たした。

この結果、勝ち上がりを決めたアトレチコ・パラナエンセは優勝を賭けて元日本代表監督ジーコの古巣であるフラメンゴと対戦することになった。決勝はホーム&アウェイで行われ、今月末に優勝チームが決まる。

コパ・ド・ブラジウ 2013 準決勝 2nd.Leg (2013/11/06)
グレミオ 0-0 アトレチコ・パラナエンセ
ジーダ GK ウェベルトン
パラ
ブレッサン
ホドウフォ
アレックス・テレス
DF レオ
マノエウ
ルイス・アウベルト
ジュニーニョ
ハミーロ
(ユリ・マヌーチ)
ソウザ
クリスティアン・リベーロス
(エラーノ)
ゼ・ホベルト
(エドゥアルド・バルガス)
MF デイビッジ
ゼジーニョ
エベルトン
(ヘナット・シャービス)
パウロ・バイエル
エルナン・バルコス
クレーベル
FW マルセーロ
エデルソン
(デラトーヒ)
ゴール
クレーベル
ゼ・ホベルト
イエロー
カード
ジュニーニョ
レオ
マノエウ
ルイス・アウベルト
ヘナット・ガウーショ 監督 バギネル・マンシーニ
主審: マルセーロ・ジ・リーマ・エンリーキ
会場: アレーナ・ド・グレミオ (ポルト・アレグレ)
コパ・ド・ブラジウ 2013 決勝トーナメント 
決勝トーナメント
2013.11.06

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。