Copa Sudamericana コパ・スダメリカーナ

下馬評有利のベレスが完敗 ジョルジーニョ率いるポンチ・プレッタが4強

コパ・スダメリカーナ 準々決勝 2nd.Leg ベレス・サルスフィエール 0-2 ポンチ・プレッタ
▲ 48分にカウンターを仕掛けて先制点を決めたエリーアスは、両手の人さし指を天にかざして喜んだ
11月6〜7日に行われたコパ・スダメリカーナの準々決勝 2nd.Leg。アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで行われた「ベレス・サルスフィエール×ポンチ・プレッタ」は、後半にゴールを重ねたポンチ・プレッタが勝利を収めてベスト4に名乗りを上げた。

前半は互いに丁寧なパスワークで攻撃を組み立てたが、いずれの決定機もゴールには至らずスコアレスでハーフタイムを迎えた。
後半に入って先制したのはポンチ・プレッタだった。48分、ベレスのショートコーナーをゴール前でカットすると、大きく蹴り出されたクリアボールをエリーアスがセンターサークルでトラップしてカウンターを開始。自陣からトップスピードで駆け上がったヒウドにスルーパスを出したエリーアスは、誰もいないスペースへ駆け込んだ。相手選手2人を引きつけたヒウドが右のスペースにボールを送ると、エリーアスが左足でゴールに沈めた。

2点以上が必要になったベレスは攻勢を強めたが、GKホベルトの好守もありゴールを奪えないままアディショナルタイムに突入。すると、ポンチ・プレッタはカウンターで前線を上がったフェルナンド・ボビが、ボールを浮かせてGKソーサの頭上を越し、最後は頭で無人のゴールへボールを押し込み、とどめを刺した。

試合前の下馬評では優位が囁かれていたベレス。攻撃に厚みはあったが、詰めが甘く決定力を欠いた印象であった。
ブラジル全国選手権では降格圏内にあえいでいるポンチ・プレッタだが、スダメリカーナではどれほどの結果を残せるか。次は同胞の前年王者サンパウロと激突する。

コパ・スダメリカーナ 準々決勝 2nd.Leg (2013/11/07)
ベレス・サルスフィエール
(アルゼンチン)
0-2 ポンチ・プレッタ
(ブラジル)
セバスティアン・ソサ GK ホベルト
ファビアン・クベーロ
フェルナンド・トビオ
セバスティアン・ドミンゲス
エミリアーノ・パパ
DF アルトゥール
セーザル
ジエゴ・サコマン
ウエンデウ
アグスティン・アリオーネ
(フェデリコ・インスーア)
ルーカス・ロメーロ
エクトル・カンテーロ
(ラミーロ・カセレス)
アリエル・カブラル
MF バラーカ
マガウ
エリーアス
(フェルナンド・ボビ)
シキーニョ
(ベトン)
エセキエル・レスカルダーニ
(ジョナタン・コペーテ)
ルーカス・プラット
FW ヒウド
(ヘージス・ソウザ)
レオナルド
ゴール 48 エリーアス
93 フェルナンド・ボビ
アリエル・カブラル
フェルナンド・トビオ
イエロー
カード
フェルナンド・ボビ
レッド
カード
アドリアニーニョ
リカルド・ガレーカ 監督 ジョルジーニョ
主審: ウィルマール・ロルダン (コロンビア)
会場: エスタディオ・ホセ・アマルフィターニ (ブエノスアイレス)
2013.11.07

★コンメボル・スダメリカーナ 2019 の試合結果などはこちら。

★コンメボル・スダメリカーナ 2018 の試合結果などはこちら。

★コンメボル・スダメリカーナ 2017 の試合結果などはこちら。

★コパ・スダメリカーナ 2016 の試合結果などはこちら。

★コパ・スダメリカーナ 2015 の試合結果などはこちら。

★コパ・スダメリカーナ 2014 の試合結果などはこちら。

★コパ・スダメリカーナ 2013 の試合結果などはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。