FIFA World Cup 2018 FIFAワールドカップ 2018 ロシア大会 南米予選

“神童”ガブリエウ・ジェズスが1ゴール1アシスト チッチ体制のセレソンは無傷の6連勝

FIFAワールドカップ南米予選 第12節 ペルー 0-2 ブラジル
▲ 57分に先制のゴールを決めたガブリエウ・ジェズス(9番)は1ゴール1アシストでチームに貢献した
2018年ロシア大会の出場権を争うワールドカップ南米予選は、2016年11月15日に第12節が各地で行われた。ペルーの首都リマで行われた「ペルー×ブラジル」は、ガブリエウ・ジェズスのゴールで先制したブラジルが南米予選6連勝を飾った。

ブラジルは開始早々にクリスティアン・クエバを後方からスライディングで倒したヘナット・アウグストにイエローカードが出されたものの、南米予選の首位を走るチームの勢いはこの日も健在で、しばしば相手ゴールを脅かす攻撃を披露した。一方、上位進出を目指すペルーもスタンドの大歓声を背に応戦したが、チャンスを生かせず無得点でハーフタイムを迎えた。

後半、ペルーはセットプレイから決定機を演出したが、均衡を破ったのはブラジル。57分に右サイドを崩してペナルティエリアにボールが渡ると、相手の足に当たったこぼれ球をガブリエウ・ジェズスが右足でゴールネットに突き刺して先制した。ガブリエウ・ジェズスは、所属するパウメイラスでの試合を含めて久方ぶりのゴールを挙げた。

ペルーは臆せずに何度もチャンスを作ったが、あと一歩届かずゴールを奪えない。するとブラジルは78分に前線でパスを受けたガブリエウ・ジェズスがペナルティエリアに入ると、右でフリーになっていたヘナット・アウグストにパスを出して同選手のゴールをお膳立てした。

ガブリエウ・ジェズスの1ゴール1アシストによって勝ったブラジルは、チッチ監督就任後無傷の6連勝で南米予選の首位を独走。一方、ホームで敗れたペルーは8位のままとなっている。

FIFAワールドカップ南米予選 第12節 (2016/11/15)
ペルー 0-2 ブラジル
ペドロ・ガレーセ GK アリソン・ベッケル
アルド・コルソ
(ルイス・アドビンクラ)
クリスティアン・ラモス
アルベルト・ロドリゲス
ニルソン・ロジョーラ
DF ダニエウ・アウベス
マルキーニョス
ミランダ
フィリッピ・ルイス
アンドレ・カリージョ
(ラウール・ルイディアス)
ペドロ・アキーノ
アンディ・ポロ
(ジョエル・サンチェス)
ビクトル・ジョトゥン
クリスティアン・クエバ
MF フェルナンジーニョ
パウリーニョ
ヘナット・アウグスト
パオロ・ゲレーロ FW ネイマール
ガブリエウ・ジェズス
(ウィリアン)
フィリッピ・コウチーニョ
(ドウグラス・コスタ)
  ゴール 57 ガブリエウ・ジェズス
78 ヘナット・アウグスト
ニルソン・ロジョーラ
クリスティアン・クエバ
イエロー
カード
ヘナット・アウグスト
リカルド・ガレカ 監督 チッチ
主審: ウィルマール・ロルダン (コロンビア)
会場: エスタディオ・ナシオナル (リマ)
2016.11.15

★ワールドカップ南米予選の試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。