FIFA World Cup 2018 FIFAワールドカップ 2018 ロシア大会 南米予選

高地ラ・パスでボリビアが勝利も予選敗退はほぼ確実 敗れたアルゼンチンは5位に転落

FIFAワールドカップ南米予選 第14節 ボリビア 2-0 アルゼンチン
▲ 52分にゴールを決めたマルセーロ・モレーノ(左)
2018年ロシア大会の出場権を争うワールドカップ南米予選は、2017年3月28日に第14節が各地で行われた。ボリビアの首都ラ・パスで行われた「ボリビア×アルゼンチン」は、かつてクルゼイロなどで活躍したマルセーロ・モレーノのゴールなどでボリビアが勝利を収めた。

富士山の9合目とほぼ同じ標高のラ・パスでは、“地の利”を生かせるボリビアが優位に立つことが多い。そしてアルゼンチンを相手に臨んだこの日も、前述の傾向に変化はなかった。ボリビアは立ち上がりから積極的に攻めて、7分にマルセーロ・モレーノがヘディングシュートを放つと、15分には波状攻撃でチャンスメイク。さらに17分にはロナール・ラルデスがロングシュートで相手ゴールを脅かした。一方、メッシを出場停止で欠いたアルゼンチンはアンヘル・コレーアとルーカス・プラットの2トップで臨んだが、本来の攻撃は影をひそめた。

ボリビアは30分に先制。右サイドからのアーリークロスをファン・カルロス・アルセがゴールを背にしながらヘディングでゴールに流し込んだ。

後半、ボリビアは52分に左サイドをオーバーラップしたホルヘ・フローレスのクロスをマルセーロ・モレーノがゴール前でトラップすると、右足を振り抜いてゴールネットにボールを突き刺して 2-0 。ゴールを決めたマルセーロ・モレーノは拳を振って喜びを爆発させた。

2点差を追いかけるアルゼンチンは70分に途中出場のマルコス・アクーニャが右足でゴールを狙ったが、キーパーにセーブされる。対するボリビアは終盤に3点目を得るチャンスを作るなど、最後まで主導権を相手に譲らなかった。

敗れたアルゼンチンはプレイオフ出場権の5位に後退。勝ったボリビアは勝ち点を伸ばしたものの、5位との勝ち点差が12もある上に得失点差が-20と仮に残り4試合を全勝したとしても5位に浮上する可能性は限りなく低い。ボリビアの予選敗退はほぼ決定とみられる。

FIFAワールドカップ南米予選 第14節 (2017/03/28)
ボリビア 2-0 アルゼンチン
カルロス・ランペ GK セルヒオ・ロメーロ
ディエゴ・ベハラーノ
ロナール・ラルデス
エドワード・センテーノ
ホルヘ・フローレス
DF ファクンド・ロンカリア
マテオ・ムサッチオ
ラミーロ・フネス・モリ
(マティアス・カルッソ)
マルコス・ロホ
ディエゴ・ワジャル
(ハスマニー・カンポス)
ラウール・カストロ
アレハンドロ・チュマセーロ
ファン・カルロス・アルセ
(レオネル・フスティニアーノ)
パブロ・エスコバル
MF エンソ・ペレス
(マルコス・アクーニャ)
ギド・ピサーロ
エベル・バネガ
アンヘル・ディ・マリア
マルセーロ・モレーノ
(ブルーノ・ミランダ)
FW アンヘル・コレーア
(セルヒオ・アグエロ)
ルーカス・プラット
ファン・カルロス・アルセ 30
マルセーロ・モレーノ 52
ゴール
ディエゴ・ワジャル イエロー
カード
エベル・バネガ
マリアーノ・アンドゥハル
ディエゴ・ソリア 監督 エドガルド・バウサ
主審: ウィルマール・ロルダン (コロンビア)
会場: エスタディオ・エルナンド・シレス (ラ・パス)
2017.03.28

★ワールドカップ南米予選の試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「サッカー選手」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「サッカー選手」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。