CONMEBOL Libertadores コンメボル・リベルタドーレス 2017

アトレチコ・パラナエンセが逃げ切り勝ち フラメンゴはレアンドロ・ダミアンが期待外れに

コンメボル・リベルタドーレス 2017 グループリーグ第4節 アトレチコ・パラナエンセ 2-1 フラメンゴ
▲ 35分に先制のゴールを決めて喜ぶ元U-20ブラジル代表DFチアゴ・エレーノ
4月25〜27日に各地で行われたコンメボル・リベルタドーレスのグループリーグ第4節。ブラジルのクリチーバで行われた「アトレチコ・パラナエンセ×フラメンゴ」は、アトレチコ・パラナエンセが逃げ切った。

ブラジル同士の対決となった試合は、アトレチコ・パラナエンセがボールを支配して優位に試合を運んだ。序盤のフラメンゴは時間の経過とともに決定機を増やしていったが、主導権を握っていたアトレチコ・パラナエンセは35分に先制。セットプレイに合わせたチアゴ・エレーノのヘディングシュートが弧を描き、キーパーの頭上を越えてファーサイドのゴールネットを揺らした。

後半もアトレチコ・パラナエンセはボールをキープして追加点を狙いにいったが、フラメンゴも負けじと応戦。だが膠着状態が続くと、フラメンゴは70分に元ブラジル代表FWレアンドロ・ダミアンらを投入して攻撃的な布陣にシフトした。すると73分にレアンドロ・ダミアンが右からのクロスに頭で合わせてクロスバーを叩くと、セカンドボールをペルー代表FWパオロ・ゲレーロがヘディングでゴールに押し込もうとしたが、キーパーにキャッチされる惜しい場面を演出した。レアンドロ・ダミアンは81分にもペルー代表DFミゲル・トラウコのクロスに頭で合わせたが、ヘディングシュートは枠に飛ばず期待外れに終わった。

するとアトレチコ・パラナエンセは87分、右サイドを上がったエドゥアルド・ダ・シウバが折り返したグラウンダーのクロスを、フェリッピ・ジェドスが右足でゴールに蹴り込んで 2-0 とした。

フラメンゴは89分にコーナーキックからウィリアン・アロンがようやくゴールネットを揺らしたが、反撃が遅すぎた格好。

ホームで勝ち点3を得たアトレチコ・パラナエンセはグループ4の首位に浮上したが、2位に下がったフラメンゴとの勝ち点差は1で、最下位サン・ロレンソとの勝ち点差も3しかない。残り2試合でどのチームが勝ち上がるか、まだまだ予見できない混戦模様となっている。

コンメボル・リベルタドーレス 2017 グループリーグ第4節 (2017/04/26)
アトレチコ・パラナエンセ
(ブラジル)
2-1 フラメンゴ
(ブラジル)
ウェベルトン GK アレックス・ムラーリャ
ゼ・イバウド
パウロ・アンドレ
チアゴ・エレーノ
シジクレイ
DF パラ
ヘーベル
ハファエウ・バス
ヘネ
(マテウス・サビオ)
マテウス・ホゼット
(ワンデルソン)
オタービオ
ルイス・ゴンサーレス
(フェリッピ・ジェドス)
ニコン
MF ホムーロ
(レアンドロ・ダミアン)
マルシオ・アラウージョ
(フェデリコ・マンクエージョ)
ミゲル・トラウコ
ウィリアン・アロン
ガブリエウ
エドゥアルド・ダ・シウバ
ドウグラス・コウチーニョ
(ジョアン・ペドロ)
FW パオロ・ゲレーロ
チアゴ・エレーノ 35
フェリッピ・ジェドス 87
ゴール 89 ウィリアン・アロン
ワンデルソン イエロー
カード
パオロ・ゲレーロ
ハファエウ・バス
フェデリコ・マンクエージョ
パウロ・アウトゥオーリ 監督 ゼ・ヒカルド
主審: ホセ・アルゴーテ (ベネズエラ)
会場: アレーナ・ダ・バイシャーダ (クリチーバ)
2017.04.26

★コンメボル・リベルタドーレス2019のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2018のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2017のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2016のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2015のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2014のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2013のコンテンツはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。