Campeonato Brasileiro Serie A ブラジル全国選手権 1部

カズの古巣コリチーバが好調 宿敵アトレチコ・パラナエンセを破って暫定2位に浮上

カンピオナート・ブラジレイロ 2017 第4節 コリチーバ 1-0 アトレチコ・パラナエンセ
▲ 61分に先制のゴールを決めたマルシオ(左)
6月3〜5日に行われたカンピオナート・ブラジレイロ 2017 の第4節。パラナー州の州都クリチーバで行われたクラシコ「コリチーバ×アトレチコ・パラナエンセ」は、コリチーバが勝利を収めた。

試合はコリチーバが立ち上がりから積極的に仕掛けて相手より多くの決定機を演出。アトレチコ・パラナエンセは24分にペナルティエリアの手前でフリーキックを得たが、マテウス・ホゼットが右足で狙ったシュートはキーパーが死守。アトレチコが前半に披露した決定機は、コリチーバのそれよりもゴールを予感させるものが多かった。

後半、アトレチコ・パラナエンセは開始直後にカウンターからビッグチャンスを作った。自陣からのスルーパスで右サイドを駆け上がったニコンが相手のマークを振り切りながらペナルティエリアで低めのクロスを上げたが、左足で合わせたエデルソンのシュートはサイドネットを揺らし、枠には飛ばなかった。

何度も訪れたピンチを切り抜けたコリチーバが先制したのは、61分。右サイドからのフリーキックに合わせたマルシオのヘディングシュートが、ゴールネットに突き刺さっての先制点であった。

1989年に元日本代表FW三浦知良が在籍・活躍したことでも知られるコリチーバは、ここ数年は残留争いのシーズンが続いていたが、今季は3勝目を挙げて暫定2位に浮上した。一方、アトレチコ・パラナエンセは1分3敗とスタートダッシュにつまづいている印象だが、守護神のウェベルトンは不安説を次のように一蹴した。

「たしかに今日はコリチーバのほうが良かったし、我々はセットプレイから失点してしまった。反省は必要であり、ブラジレイロンでは下位に低迷している事実も認めるが、我々は並行してコパ・ド・ブラジウとリベルタドーレスも戦っている。ブラジレイロンはまだまだ長いし、将来はコリチーバより上の順位にいることは十分可能だ」

カンピオナート・ブラジレイロ 2017 第4節 (2017/06/03)
コリチーバ 1-0 アトレチコ・パラナエンセ
ウィウソン GK ウェベルトン
ドド
マルシオ
ウェルレイ
ウィリアン・マテウス
DF ジョナタン
パウロ・アンドレ
チアゴ・エレーノ
シジクレイ
アラン・サントス
マテウス・ガウデザーニ
トマス・バストス
(チアゴ・ヘアウ)
MF オタービオ
マテウス・ホゼット
(フェリッピ・ジェドス)
ルイス・ゴンサーレス
ネト・ベローラ
(ヒウド)
エンリーキ・アウメイダ
(ジョナス)
クレーベル
FW パブロ
ニコン
(ドウグラス・コウチーニョ)
グラフィッチ
(エデルソン)
マルシオ 61 ゴール
マテウス・ガウデザーニ
ドド
ウィリアン・マテウス
イエロー
カード
オタービオ
パブロ
パシェキーニョ 監督 エドゥアルド・バチスタ
主審: ハファエウ・クラウス
会場: エスタジオ・コウト・ペレイラ (クリチーバ)
2017.06.03

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「サッカー選手」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「サッカー選手」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。