Friendly Match 親善試合

ネイマール不在のセレソンは不発 サンパオリ新体制のアルヘンティーナが接戦を制す

国際親善試合 ブラジル 0-1 アルゼンチン
▲ 44分に先制のゴールを決めて駆け出すガブリエル・メルカード(中央)
6月9日に行われた国際親善試合。オーストラリアのメルボルンで行われた「ブラジル×アルゼンチン」は、アルゼンチンが接戦を制した。

前半5分にスルーパスでペナルティエリアの左を上がったアンヘル・ディ・マリアが角度のないところからニアサイドのゴールポストを叩くシュートを放ったアルゼンチンに対し、ブラジルは21分にウィリアンのカウンターから絶好期を迎えたが、フィリッピ・コウチーニョがキーパーをフェイントで交わして打ったシュートはカバーに戻った相手にブロックされた。

前半の終盤はアルゼンチンが立て続けにシュートを放ち、相手ゴールを脅かす。43分にパウロ・ディバラのシュートでスタンドを湧かせると、44分に先制した。ショートコーナーから後方に下げたボールをアンヘル・ディ・マリアがゴール前に上げると、ニコラス・オタメンディがヘディングシュート。叩きつけたボールはゴールポストに当たったが、その跳ね返りをガブリエル・メルカードが右足でゴールに押し込んだ。

▲ ゴールを決めたガブリエル・メルカード(2版)に駆け寄って喜ぶメッシ(左)らアルゼンチン代表のイレブン
後半、アルゼンチンは開始からゴンサーロ・イグアインに代えてホアキン・コレーアを投入。その後もニコラス・タリアフィーコを投入するなど早めの選手交代をした。対するブラジルは攻勢を強めて何度もチャンスメイクすると、58分には速攻で決定機を演出したが、フィリッピ・コウチーニョがペナルティエリアの左側から右足で打ったシュートは、ゴール前に飛び出したパウリーニョの体に当たってゴールとはならなかった。

畳みかけたブラジルは62分にもビッグチャンスを迎えたが、ガブリエウ・ジェズスがキーパーを抜き去って放ったシュートはゴールポストを直撃。さらにその跳ね返りをウィリアンが右足で力強く蹴ったが、またしてもゴールポストに嫌われた。

69分に直接フリーキックを決められなかったブラジルは、その後も攻め込みながらゴールを決められずに惜敗。ネイマール不在の負を露呈したともいえる内容となった。

一方、ホルヘ・サンパオリ監督の初陣となったアルゼンチンにとっては、今後のワールドカップ南米予選に向けて価値ある勝利にもなった。

試合後、アルゼンチンのスポーツ紙「Ole!」は『メッシに依存しない新たな攻撃の形を示した』との見出しで、サンパオリ体制の初陣を評価している。

国際親善試合 (2017/06/09)
ブラジル 0-1 アルゼンチン
ウェベルトン GK セルヒオ・ロメーロ
ファギネル
(ハフィーニャ)
チアゴ・シウバ
ジウ
フィリップ・ルイス
DF ホセ・ゴメス
(ニコラス・タリアフィーコ)
ニコラス・オタメンディ
ジョナタン・マイダーナ
ガブリエル・メルカード
(エマヌエル・マンマーナ)
フェルナンジーニョ
パウリーニョ
(ジュリアーノ)
フィリッピ・コウチーニョ
ウィリアン
ヘナット・アウグスト
(ドウグラス・コスタ)
MF ルーカス・ビリア
エベル・バネガ
(マヌエル・ランシーニ)
アンヘル・ディ・マリア
ガブリエウ・ジェズス
(タイソン)
FW パウロ・ディバラ
(ギド・ロドリゲス)
ゴンサーロ・イグアイン
(ホアキン・コレーア)
リオネル・メッシ
  ゴール 44 ガブリエル・メルカード
パウリーニョ
ハフィーニャ
イエロー
カード
ジョナタン・マイダーナ
チッチ 監督 ホルヘ・サンパオリ
主審: クリス・ビーチ (オーストラリア)
会場: メルボルン・クリケット・グラウンド (メルボルン)
2017.06.09

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「サッカー選手」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「サッカー選手」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。