Primera Division de Argentina アルゼンチン1部リーグ

低迷する名門の復活へ ガブリエル・エインセがベレス・サルスフィエールの新監督に

元アルゼンチン代表DFガブリエル・エインセ氏が名門ベレス・サルスフィエールの監督に就任
▲ ガブリエル・エインセ氏 (写真はアルヘンティノス・ジュニオルスの監督を務めていた 2016-2017シーズン時のもの)
アルゼンチンの名門ベレス・サルスフィエールが、新監督としてガブリエル・エインセ氏と契約を締結したことがわかった。12日にもクラブから公式発表がなされる予定。

現地報道によれば、エインセ氏は8日にベレスのフロントと会合を開きその場で監督就任に合意したという。それに伴い、同氏はコーチなどスタッフの刷新を要求し、ベレスは応じるとのこと。ベレスはすでに年内の公式戦全日程を終了しているため、同氏が公式戦で指揮を執り始めるのは来年になる。

エインセ氏がベレスと交わした契約期間は、2019年6月までの1年半。

ベレスは1910年創立の名門で、1994年には当時のパラグアイ代表GKホセ・ルイス・チラベルらを擁してコパ・リベルタドーレスとトヨタカップを優勝。だが、2012-2013 の前期優勝を最後に国内リーグでは優勝争いに加われず低迷中。それだけに、エインセ氏の手腕にかかる期待は大きい。

◆ ガブリエル・エインセ
本名:ガブリエル・イバン・エインセ
1978年4月19日生まれ(39歳)
出身:アルゼンチン(エントレ・リオス州クレスポ)
身長:183cm
現役時代のポジション:ディフェンダー
ドイツ人の父とイタリア人の母の間に生まれる。1997年にニューウェルス・オールドボーイスでデビューすると、すぐに活躍の舞台を欧州に移す。2000年から4年半パリ・サンジェルマン(フランス)で活躍すると、その後はマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)やレアル・マドリー(スペイン)などのビッグクラブで活躍した。2014年にニューウェルスで現役を引退。2015年からは監督業を始め、2017年には名門アルヘンティノス・ジュニオルスを1部(スーペルリーガ)に昇格させている。

2017.12.09

★アルゼンチン1部リーグの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。