FIFA Club World Cup 2017 FIFAクラブワールドカップ 2017

パチューカは善戦もあと一歩及ばず エベルトンのゴールで競り勝った南米王者が決勝へ

FIFAクラブワールドカップ 2017 準決勝 パチューカ 0-1 グレミオ
▲ 94分にゴールを決めたエベルトン(中央)に駆け寄るグレミオの選手たち
12月12〜13日に行われたクラブワールドカップの準決勝。アル・アインので行われた「パチューカ×グレミオ」は、。

グレミオのサポーターでスタンドがかなり埋まった中で始まった試合。7分にパラグアイ代表FWルーカス・バリオスがクロスに合わせてチャンスメイクしたグレミオに対し、パチューカはその直後に日本代表FW本田圭佑が左足でミドルシュートを打って応戦した。グレミオは17分にエジウソンが右足で鋭いフリーキックを放ったが、ボールはクロスバーを越える。

0-1 で迎えた後半、グレミオは59分にブラジル代表FWルアンが右足でキーパーの両手とポストに当たるシュートを打って決定機を演出。一方パチューカは相手に主導権を持たせることなく、互角に渡り合った。だがともに決定機を生かしきれず、スコアレスで90分が終了して延長戦に突入した。

▲ エベルトンのゴールで歓喜の輪を形成するグレミオの選手たちに向けてスタンドから歓声を送るグレミスタ(グレミオのサポーター)
均衡が破れたのは、延長戦に入ってすぐのこと。94分、左サイドでトラップを利用して一人を抜いたエベルトンがペナルティエリアに入ると、フェイントで内に切れ込んですぐに右足でシュートを打った。浮かないように抑えて放たれたボールは、キーパーの左手をすり抜けてゴールネットに突き刺さった。先制したのは南米王者だった。

パチューカは本田圭祐が何度か見せ場を作って世界にアピールしたものの、退場者も出したチームは最後までゴールネットを揺らすことができなかった。

敗れたパチューカは3位決定戦に、勝ったグレミオは決勝にそれぞれ進むこととなった。

FIFAクラブワールドカップ 2017 準決勝 (2017/12/12)
パチューカ
(メキシコ)
0-1 グレミオ
(ブラジル)
オスカル・ペレス GK マルセーロ・グローイ
ホアキン・マルティネス
オマール・ゴンサーレス
オスカル・ムリージョ
エマヌエル・ガルシア
(アンヘロ・サガル)
DF エジウソン
(レオナルド・モウラ)
ペドロ・ジェロメウ
ワルテル・カンネマン
ブルーノ・コルテス
ホルヘ・エルナンデス
ビクトル・グスマン
本田圭佑
エリック・アギーレ
(エリック・サンチェス)
ジョナタン・ウレタビスカヤ
(ヘルマン・カーノ)
MF ミシェウ
(エベルトン)
ジャイウソン
ハミーロ
ルアン
フェルナンジーニョ
(ハファエウ・チエーリ)
フランコ・ハラ
(ロベール・エレーラ)
FW ルーカス・バリオス
(ジャエウ)
ゴール 94 エベルトン
ビクトル・グスマン
エマヌエル・ガルシア
ホルヘ・エルナンデス
イエロー
カード
ワルテル・カンネマン
ハミーロ
ジャエウ
ビクトル・グスマン レッド
カード
ディエゴ・アロンソ 監督 ヘナット・ガウーショ
主審: フェリックス・ブリッヒ (ドイツ)
会場: ハッザーア・ビン・ザーイド・スタジアム (アル・アイン)
2017.12.12

★最新ニュースの一覧をチェックしたい方はこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。