Campeonato Gaucho カンピオナート・ガウーショ

ようやく勝利にありつけた南米王者 ブラジル代表FWルアンのゴールなどで最下位を脱出

カンピオナート・ガウーショ 2018 第7節 グレミオ 2-1 ブラジウ・ジ・ペロッタス
▲ 62分に逆転の決勝ゴールを決めて喜ぶブラジル代表FWルアン
2月7日、14〜15日に行われたカンピオナート・ガウーショの第7節。リオ・グランジ・ド・スウ州の州都ポルト・アレグレで行われた「グレミオ×ブラジウ・ジ・ペロッタス」は、グレミオが逆転勝利を収めた。

アレーナ・ド・グレミオに足を運んだ観客の数は、先週土曜日の試合よりさらに少ない約11,953。観客もまばらな中で行われた試合は、グレミオが序盤から前がかりに攻撃を展開。15分にはペナルティエリアで相手のハンドもあったが、主審にPKを取ってもらえない不運もあった。

すると反撃に転じたブラジウ・ジ・ペロッタスは39分、トチのシュートをホベーリオが右足に当ててゴールネットを揺らし先制した。5戦未勝利のグレミオには嫌な流れが漂い始めた。

だが後半、グレミオは51分にアリソンが左足でミドルシュートを放つと、ショートバウンドでキーパーはキャッチしきれず、ゴールネットを突き上げるように決まって 1-1 とした。

するとグレミオは62分、ブラジル代表FWルアンがゴールエリアの手前でトラップしたボールを左足でゴールに沈めて逆転に成功。そしてこのゴールが決勝点となって、グレミオが今季初勝利を収めた。

ようやく勝てたグレミオは、暫定ながら最下位脱出。一方、引き分けでも暫定首位に浮上できたブラジウ・ジ・ペロッタスは、勝ち点を得られなかった。

カンピオナート・ガウーショ 2018 第7節 (2018/02/07)
グレミオ 2-1 ブラジウ・ジ・ペロッタス
マルセーロ・グローイ GK マルセーロ・ピトウ
マジソン
(アリソン)
ペドロ・ジェロメウ
ワルテル・カンネマン
ブルーノ・コルテス
DF エデル・シオーラ
ハファエウ・ドゥマス
グスターボ・バストス
アルトゥール
ジャイウソン
(ジャエウ)
マイコン
(ミシェウ)
レオナルド・モウラ
ルアン
エベルトン
MF レアンドロ・レイチ
イターキ
トチ
(ドゥドゥ)
モッソロー
(カリソン)
アリソン・ファリアス
シッセロ FW ホベーリオ
(マテウス・リーマ)
アリソン 51
ルアン 62
ゴール 39 ホベーリオ
ジャエウ イエロー
カード
モッソロー
レアンドロ・レイチ
アルトゥール
ヘナット・ガウーショ 監督 クレーメル
主審: 
会場: アレーナ・ド・グレミオ (ポルト・アレグレ)
2018.02.07

★ミナス・ジェライス州選手権の試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。