Campeonato Mineiro カンピオナート・ミネイロ

約100年前から続くベロ・オリゾンチ伝統のクラシコ アトレチコ・ミネイロが連勝で決勝進出

カンピオナート・ミネイロ 2018 準決勝 2nd.Leg アメリカ・ミネイロ 0-2 アトレチコ・ミネイロ
▲ 51分に先制のゴールを決めたファービオ・サントス(右)。かつてはコリンチャンスで不動の左サイドバックとして活躍した
3月25日に行われたカンピオナート・ミネイロの準決勝 2nd.Leg。ミナス・ジェライス州の州都ベロ・オリゾンチで行われたクラシコ「アメリカ・ミネイロ×アトレチコ・ミネイロ」は、アトレチコが勝利を収めた。

ベロ・オリゾンチにおける昨今のクラシコといえば「アトレチコ・ミネイロ vs クルゼイロ」が最たるところだが、カンピオナート・ミネイロの創生期におけるクラシコは元々、この対戦カードであった。両者の対戦史は、約100年前の1910年代にさかのぼる。

アトレチコ・ミネイロは前半だけでも多くのチャンスを作ると、0-0 で迎えた51分に先制。元ブラジル代表FWヒカルド・オリベイラがフェイントでペナルティエリアに入ってすぐグラウンダーのクロスを上げると、ゴール前に上がっていたファービオ・サントスがゴールに押し込んだ。さらに77分には元ブラジル代表MFエリーアスがカウンターからゴールを決めて 2-0 とした。

試合後、ヒカルド・オリベイラは「チームは試合の最中にうまく修正できていたし、頭脳的に戦えていた。決勝は、誰もが期待しているカード(クルゼイロとのクラシコ)になったよね」とコメント。この発言の通り、決勝はクルゼイロとアトレチコ・ミネイロのクラシコがホーム&アウェイで行われることになった。

カンピオナート・ミネイロ 2018 準決勝 2nd.Leg (2018/03/25)
アメリカ・ミネイロ 0-2 アトレチコ・ミネイロ
ジョリ GK ビクトル
ノルベルト
メッシアス
ハファエウ・リーマ
ジオバンニ
DF パトリッキ
レオナルド・シウバ
ガブリエウ
ファービオ・サントス
ゼ・ヒカルド
デイビッジ
(マルキーニョス)
セルジーニョ
(ジェルソン・マグロン)
MF アジウソン
エリーアス
ロムロ・オテーロ
(トマス・アンドラーデ)
ファン・カサーレス
アイロン
(フイ)
ハファエウ・モウラ
ルアン
FW ルアン
(グスターボ・ブランコ)
ヒカルド・オリベイラ
(エリッキ)
ゴール 51 ファービオ・サントス
77 エリーアス
ルアン
ジェルソン・マグロン
イエロー
カード
ビクトル
ガブリエウ
ルアン レッド
カード
エンデルソン・モレイラ 監督 チアゴ・ラルギ
主審: ブラウリオ・ダ・シウバ・マシャード
会場: エスタジオ・インデペンデンシア (ベロ・オリゾンチ)
2018.03.25

★ミナス・ジェライス州選手権の試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。