Campeonato Mineiro カンピオナート・ミネイロ

膝から下が逆に曲がった? 試合中に右膝を痛めたフレッジは今季絶望が濃厚に

州選手権の準決勝で右膝の十字靱帯を断裂した元ブラジル代表FWフレッジが長期戦線離脱へ
▲ 25分に右膝を負傷した元ブラジル代表FWフレッジは、まともに立てなくなりそのまま病院へ搬送された
クルゼイロの前線に異常発生。25日に行われた州選手権の準決勝の試合中に、元ブラジル代表FWフレッジが右膝を痛めてそのままピッチを去る羽目になった。退場の理由は右膝の十字靱帯断裂で、現地の報道によれば今季は絶望との見方も示している。

フレッジが負傷したのは、前半の25分。右サイドから味方が送ったパスに合わせ右足でボレーシュートを打とうとした際、ボールはシジマールが先に右足で蹴り出した上に、シジマールの右大腿部にフレッジの右膝が直撃すると、フレッジはその場で倒れ込みうずくまった。チームドクターが駆けつけて応急処置を施したのち、フレッジは自力で立ち上がろうとしたが、痛めた右足でピッチを踏み込むことはできず、2分後には救護車に乗せられてそのまま負傷退場となった。

ベロ・オリゾンチのラジオ局「イタイチアイア」の記者サムエウ・ベナンシオ氏によれば、フレッジは右膝の十字靱帯断裂が判明して手術は必須。全治までの期間は未定で、長期間の戦線離脱は避けられないことがわかった。ただ、推測の域を脱しないが、これだけの大怪我にも関わらず、早ければ年内に復帰できる可能性も0%ではないという。25日現在でクルゼイロは正式な発表をしていない。

▲ 25分に元ブラジル代表FWフレッジが右膝を負傷した瞬間の映像(静止画)。右足を振り切る前(左)と右足を振り切って相手と交錯した瞬間(右)とで膝から下の角度が真逆になっているようにも映るが…
長期離脱となったフレッジは悔しがっているというが、復帰に向けては前向き。まずは断裂した十字靱帯の手術に集中する意向を明らかにしている。

今季はリベルタドーレスにも臨むクルゼイロにとってフレッジの長期離脱は痛手だが、好調のハニエウを筆頭に、一昨年から安定した活躍をみせている元ブラジル代表FWハファエウ・ソービス、元大宮アルディージャのハファエウ・マルケスなど前線の層は浅くない。現有戦力でフレッジの抜けた穴を埋められるかは、元ブラジル代表監督でもあるマノ・メネーゼス氏の手腕にも掛かっている。

2018.03.25

★ミナス・ジェライス州選手権の試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。