Friendly Match 親善試合

カバーニのゴールでウルグアイが優勝 来たるワールドカップに向けて仕上げも順調

チャイナカップ 2018 決勝 ウェールズ 0-1 ウルグアイ
▲ 49分に決めたゴールの直後にお決まりのポーズを決めるエディンソン・カバーニ
3月26日に行われたチャイナカップ 2018 決勝。中華人民共和国の南寧で行われた「ウェールズ×ウルグアイ」は、エディンソン・カバーニのゴールで先制したウルグアイが優勝した。

ウルグアイはキックオフから95秒後にいきなりチャンスメイクしたが、右から折り返されたパスに合わせたルイス・スアーレスのシュートはゴールポストを直撃。対するウェールズはスピーディーな攻撃で反撃し、序盤から引き締まった試合になった。

ウルグアイは31分に高い位置でのプレッシャーから相手のバックパスをキーパーの手前でインターセプトしたルイス・スアーレスがキーパーをかわしたが、無人のゴールへ放ったシュートはまたもゴールポストを直撃。この日のスアーレスにはツキがなく、ウルグアイは決定機を得点に結びつけられずにいた。

ウェールズは前半のアディショナルタイムにハリー・ウィルソンのフリーキックで相手ゴールに襲いかかったが、味方の頭に当たったかどうかのきわどいボールは、枠を捕らえながらキーパーに両手で弾き出されたため、こちらもまたチャンスを生かせなかった。

均衡が破れたのは後半の立ち上がり。自陣からディエゴ・ゴディンが前線の裏へ出したフィードでクリスティアン・ロドリゲスが駆け上がり、ペナルティエリアで中央に折り返すと、エディンソン・カバーニが左足で合わせてゴールに押し込んだ。

その後は両軍ともに選手交代を盛んに行い、複数の選手を試したが、どちらもチャンスを生かせずにタイムアップを迎えた。

この結果、優勝したウルグアイは2019年もチャイナカップに招待されることが決定。そしてウルグアイ代表にとっては、ワールドカップに向けてチームの仕上がりを確認する意味でも、結果を出せて有意義な大会になった。

チャイナカップ 2018 決勝 (2018/03/26)
ウェールズ 0-1 ウルグアイ
ウェイン・ヘネシー GK フェルナンド・ムスレーラ
ジェームズ・チェスター
(トム・ロッキャー)
アシュリー・ウィリアムズ
ベン・デイヴィス
(ライアン・ヘッジス)
DF ギジェルモ・バレーラ
ディエゴ・ゴディン
ホセ・マリア・ヒメーネス
(セバスティアン・コアーテス)
ディエゴ・ラクサール
アンディ・キング
ジョー・アレン
クリス・ガンター
(アダム・マシューズ)
ディクラン・ジョン
(コナー・ロバーツ)
MF ロドリーゴ・ベンタンクール
(ガストン・シルバ)
クリスティアン・ロドリゲス
(ルーカス・トレイラ)
マティアス・ベシーノ
ナイタン・ナンデス
(クリスティアン・ストゥアーニ)
ギャレス・ベイル
サム・ボークス
(ビリー・ボーディン)
ハリー・ウィルソン
(リー・エバンス)
FW エディンソン・カバーニ
(マキシミリアーノ・ゴメス)
ルイス・スアーレス
ゴール 49 エディンソン・カバーニ
ジョー・アレン イエロー
カード
ライアン・ギグス 監督 オスカル・タバーレス
主審: ジューマ・アル・バーシェイド (カタール)
会場: 広西壮族自治区体育場 (南寧)
2018.03.26

★ワールドカップ南米予選の試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。