Campeonato Brasileiro Serie A ブラジル全国選手権 1部

ドゥドゥのゴールでパウメイラスが勝利 インテルはレアンドロ・ダミアン投入も惜敗

カンピオナート・ブラジレイロ 2018 第2節 パウメイラス 1-0 インテルナシオナウ
▲ 39分にこの試合唯一のゴールを決めたドゥドゥ(7番)
4月21〜22日に行われたカンピオナート・ブラジレイロ 2018 の第2節。サンパウロ州の州都サンパウロで行われた「パウメイラス×インテルナシオナウ」は、パウメイラスが接戦を制した。

パウメイラスは14分に先制のチャンスがあったが、ケーノのクロスをキーパーが弾いたところにコロンビア代表FWミゲル・アンヘル・ボルハが詰めたものの、ヘディングシュートはクロスバーの上を通過。その後もパウメイラスは主にセットプレイで決定機を作ったが、ゴールを奪えずにいた。それでも39分、左サイドを上がったジオゴ・バルボーザのクロスに合わせたドゥドゥのヘディングシュートがゴールに吸い込まれて、パウメイラスが先制した。

インテルナシオナウは前半の終了間際にペナルティエリアで二人に挟まれたニコラス・ロペスが、髪の色を金髪から黒に戻したルーカス・リーマの足に掛かって転倒したが、主審はファウルもPKも指示しなかった。

後半、インテルナシオナウは開始からニコラス・ロペスに代えてレアンドロ・ダミアンを投入すると、攻勢に出て何度もフィニッシュに持ち込んだ。一方、パウメイラスは58分頃から反撃に転じると、64分にはルーカス・リーマのシュートがポストを直撃する場面もあった。

インテルナシオナウは73分にレアンドロ・ダミアンがペナルティエリアでトラップしたボールを左足でゴールに沈めたが、オフサイドによりノーゴールに。その後もインテルナシオナウには何度かチャンスがあったが、最後までゴールを奪うことはできなかった。

カンピオナート・ブラジレイロ 2018 第2節 (2018/04/22)
パウメイラス 1-0 インテルナシオナウ
ジャイウソン GK ダニーロ・フェルナンデス
マルコス・ホッシャ
アントニオ・カルロス
エドゥ・ドラセーナ
ジオゴ・バルボーザ
DF エデニウソン
クラウス
ビクトル・クエスタ
イアゴ
フェリッピ・メロ
ブルーノ・エンリーキ
ルーカス・リーマ
(モイゼス)
MF ホドリーゴ・ドウラード
ガブリエウ・ジアス
(ファビーニョ)
パトリッキ
ニコラス・ロペス
(レアンドロ・ダミアン)
カミーロ
(アンドレス・ダレッサンドロ)
ドゥドゥ
(ウィリアン)
ミゲル・アンヘル・ボルハ
(デイベルソン)
ケーノ
FW ウィリアン・ポッチケル
ドゥドゥ 39 ゴール
ブルーノ・エンリーキ イエロー
カード
ホドリーゴ・ドウラード
イアゴ
ホージェル・マシャード 監督 オダイール・エウマン
主審: マルセーロ・ジ・リーマ・エンリーキ
会場: エスタジオ・ド・パカエンブー (サンパウロ)
2018.04.22

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。