Campeonato Brasileiro Serie A ブラジル全国選手権 1部

5万人超のカステロンで躍動したのは17歳ビニシウス・ジュニオール フラメンゴは首位に浮上

カンピオナート・ブラジレイロ 2018 第3節 セアラー 0-3 フラメンゴ
▲ 2ゴールを決めたU-17ブラジル代表FWビニシウス・ジュニオール(右)を祝福するエンリーキ・ドウラード(左)
4月28〜30日に行われたカンピオナート・ブラジレイロ 2018 の第3節。セアラー州の州都フォルタレーザで行われた「セアラー×フラメンゴ」は、U-17ブラジル代表FWビニシウス・ジュニオールの2ゴールなどでフラメンゴが快勝した。

人気チームのフラメンゴを迎え入れるとあって、カステロンには52,000人を超える大観衆が詰めかけた。その中でセアラーは10分にヒシャルジソンのミドルシュートで攻撃の口火を切り、フラメンゴは13分にロングスローからエンリーキ・ドウラードがシュートに持ち込み反撃。18分にはジエゴがドリブルで攻め上がってシュートに持ち込むと、25分にはルーカス・パケターが左足で放ったボレーシュートがキーパーのファインセーブを誘い、徐々にフラメンゴが自分たちのリズムを刻んでいった。

26分に波状攻撃を仕掛けたフラメンゴは、34分にはルーカス・パケターが左足で直接フリーキックを披露。ボールは枠を捕らえていたが、またもキーパーが両手でパンチングしてゴールを死守した。

フラメンゴが先制したのは41分。右サイドを上がったグスターボ・クエージャルが最終ラインの裏へスルーパスを出すと、駆け込んだビニシウス・ジュニオールは飛び出したキーパーを確認してボールを浮かせる技ありのゴールを決めた。

▲ 70分にゴールを決めたジエゴ(左)はスタンドに駆け寄ってサポーターの手荒い祝福を受ける。ビニシウス・ジュニオール(右)もこれに便乗
後半、セアラーは開始直後にアルトゥールがシュートを打ったが、ゴール左隅を狙ったボールはわずかに枠を逸れてしまう。一方のフラメンゴは52分にビニシウス・ジュニオールのシュートをキーパーが弾くと、右サイドでトラップしたホジネイがルーカス・パケターとのワンツーで最終ラインを突破。ホジネイはペナルティエリアの右側を上がってグラウンダーのクロスを上げると、ビニシウス・ジュニオールが右足でゴールに押し込み 2-0 とした。

70分にはコーナーキックにルーカス・パケターが頭で流すと、ジエゴがヘディングでゴールに押し込んでトドメを刺した。

セアラーの敗色濃厚となった終盤にはスタンドにも空席が目立つようになり、セアラーは終盤に作ったチャンスもゴールネットを揺らすには至らなかった。

フラメンゴは連勝で首位に浮上している。

カンピオナート・ブラジレイロ 2018 第3節 (2018/04/29)
セアラー 0-3 フラメンゴ
エベルソン GK ジエゴ・アウベス
バウド
ルイス・オタービオ
チアゴ・アウベス
(ホベルト)
DF ホジネイ
ヘーベル
ファン
ヘネ
ジュニーニョ
ヒシャルジソン
アルナウド
ハビエル・レイナ
(ウェスクレイ)
ホマーリオ
(ハファエウ・カリオカ)
MF グスターボ・クエージャル
(ジョナス)
エベルトン・ヒベイロ
ジエゴ
ルーカス・パケター
(ジェアン・ルーカス)
ビニシウス・ジュニオール
アルトゥール
フェリッピ・アゼベード
FW エンリーキ・ドウラード
(リンコーン)
ゴール 41 ビニシウス・ジュニオール
52 ビニシウス・ジュニオール
70 ジエゴ
ルイス・オタービオ イエロー
カード
エンリーキ・ドウラード
ジエゴ
マルセーロ・シャムスカ 監督 マウリシオ・バルビエーリ
主審: 
会場: エスタジオ・ド・カステロン (フォルタレーザ)
2018.04.29

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。