CONMEBOL Libertadores コンメボル・リベルタドーレス 2018

引き分けにより順位は変わらず 3位のボカに漂う「グループリーグ敗退」の危機

コンメボル・リベルタドーレス 2018 グループリーグ第5節 アトレティコ・ジュニオール 1-1 ボカ・ジュニオルス
▲ 50分にオウンゴールを誘発する直接フリーキックを蹴ったクリスティアン・パボンはチームの同点を受けて吠えた
5月1〜3日に各地で行われたコンメボル・リベルタドーレスのグループリーグ第5節。コロンビアのバランキージャで行われた「アトレティコ・ジュニオール×ボカ・ジュニオルス」は、互いに勝ちきれず引き分けで幕を閉じた。

敵地に乗り込んだボカは5分にカルロス・テベスがペナルティアークの手前からミドルシュートを打ったが、枠を捕らえたボールはキーパーが右手を伸ばしてピッチの外へ弾き出した。その後はしばらくボカの時間が続いたが、フィニッシュの精度を欠いてチャンスを生かせない。するとジュニオールは30分に攻め込むと、マルロン・ピエドライータがペナルティエリアでコロンビア代表DFフランク・ファブラの足に掛かって転倒。このファウルで得たPKをルイス・カルロス・ルイスが蹴り、キーパーがコースを読みきったものの弾いたボールはポストに当たってルーズボールになると、ルイス・カルロス・ルイスが左足でゴールに沈めた。

だが、負ければグループリーグ敗退の可能性が高まってしまうボカは、後半の立ち上がりに追いついた。50分、左サイドのペナルティエリア付近でセットプレイを得ると、アルゼンチン代表FWクリスティアン・パボンが角度のないところから放ったフリーキックが、ルイス・カルロス・ルイスの頭に当たってゴールネットに突き刺さった。オウンゴールによって、ボカはスコアをタイに戻した。

終盤はアトレティコ・ジュニオールのほうが優勢を保ち、何度もチャンスメイク。一方ボカは、88分にバックパスを処理しようとしたアグスティン・ロッシがキックミスを犯して、あやうく自陣ゴールにボールが入りそうになる一幕もあった。

この結果、両者の順位は変わらずボカは3位のままで最終節を残すのみとなった。ボカは次節勝利が最低条件で、かつ「パウメイラス vs アトレティコ・ジュニオール」でアトレティコ・ジュニオールが勝たないことを祈るしかない。まさかのグループリーグ敗退もありうる状況だ。

コンメボル・リベルタドーレス 2018 グループリーグ第5節 (2018/05/02)
アトレティコ・ジュニオール
(コロンビア)
1-1 ボカ・ジュニオルス
(アルゼンチン)
マリオ・ビエーラ GK アグスティン・ロッシ
マルロン・ピエドライータ
ラファエル・ペレス
ホルヘ・アリアス・デ・ラ・オス
ヘルマン・グティエレス
DF レオナルド・ハラ
(フリオ・ブッファリーニ)
サンティアゴ・ベルジーニ
リサンドロ・マガジャン
フランク・ファブラ
ルベン・ピコ
ビクトル・カンティージョ
ジョニー・ゴンサーレス
(ルイス・マルランダ)
MF ウィルマール・バリオス
(セバスティアン・ペレス)
パブロ・ペレス
ナイタン・ナンデス
ジミ・チャラー
ルイス・カルロス・ルイス
(セバスティアン・エルナンデス)
テオフィロ・グティエレス
FW クリスティアン・パボン
カルロス・テベス
エマヌエル・レイノーソ
(エドウィン・カルドーナ)
ルイス・カルロス・ルイス 32 ゴール 50 ルイス・カルロス・ルイス (オウンゴール)
ラファエル・ペレス イエロー
カード
フランク・ファブラ
サンティアゴ・ベルジーニ
アベリーノ・コメサーニャ・ロペス 監督 ギジェルモ・バロシュケロット
主審: ロディ・サンブラーノ・オルメード (エクアドル)
会場: エスタディオ・メトロポリターノ・ロベルト・メレンデス (バランキージャ)
2018.05.02

★コンメボル・リベルタドーレス2018のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2017のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2016のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2015のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2014のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2013のコンテンツはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。