Superliga Argentina スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2017-2018

サンティアゴ・ガルシアが2ゴール ゴドイ・クルスは首位ボカにプレッシャーをかけ続ける

スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2017-2018 第26節 アルヘンティノス・ジュニオルス 1-2 ゴドイ・クルス
▲ この試合でチームを勝利に導く2ゴールを決めたサンティアゴ・ガルシア(中央)は今シーズンの得点王になる可能性が高くなった
5月4〜7日に行われたアルゼンチン1部リーグの2017-2018 第26節。首都ブエノスアイレスで行われた「アルヘンティノス・ジュニオルス×ゴドイ・クルス」は、サンティアゴ・ガルシアの2ゴールでゴドイ・クルスが逆転勝利を収めた。

先制したのはアルヘンティノス・ジュニオルスで、10分に元リーベルのレオナルド・ピスクリーチが左足で直接フリーキックをゴール右隅に決めた。20分には波状攻撃を仕掛けるなど、アルヘンティノスは積極的に勝利を目指した。

だが奇跡の逆転優勝をあきらめていないゴドイ・クルスは、24分にアンヘル・ゴンサーレスがペナルティエリアでミゲル・トレンと交錯して転倒。このファウルで得たPKを、得点ランキングトップのサンティアゴ・ガルシアが決めて 1-1 とした。

アルヘンティノスは65分にジョナタン・サンドバルがペナルティエリアでトマス・カルドーナとの接触で倒れたが、主審がPKを取らなかったことでアルフレード・ベルティ監督が第4審判に猛抗議する一幕も。一方のゴドイ・クルスは、64分にサンティアゴ・ガルシアがコーナーキックをヘディングでゴールに押し込んで、逆転に成功した。

サンティアゴ・ガルシアにはハットトリックのチャンスが89分に巡ってきたが、体勢を崩しながら左足で合わせたシュートは枠を捕らえられず。それでも2ゴールの活躍で勝利の立役者になった。

この結果、ゴドイ・クルスは勝ち点で首位ボカと並んだものの、ボカが翌日に試合を控えている上にボカの残り試合数がひとつ多いため、現時点でボカの優位は変わっていない。

スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2017-2018 第26節 (2018/05/06)
アルヘンティノス・ジュニオルス 1-2 ゴドイ・クルス
ルーカス・チャベス GK レオナルド・ブリアン
ジョナタン・サンドバル
ミゲル・トレン
ガストン・ボハニッチ
ケビン・マカリテル
DF ルシアーノ・アベカシス
ディエゴ・ビエーラ
トマス・カルドーナ
ファブリシオ・アンジレーリ
ファウスト・モンテーロ
(ガストン・ベロン)
ガストン・マーチン
(ハビエル・カブレーラ)
ダミアン・バタリーニ
レオナルド・ピスクリーチ
(アレクシス・マカリテル)
ニコラス・ゴンサーレス
MF ハリル・エリーアス
(フェリペ・ロドリゲス)
ファン・アンドラーダ
アンヘル・ゴンサーレス
(クリスティアン・バエス)
ポル・フェルナンデス
レアンドロ・レンシナス
(ファビアン・エンリケス)
ルーカス・バリオス FW サンティアゴ・ガルシア
レオナルド・ピスクリーチ 10 ゴール 26 サンティアゴ・ガルシア (PK)
64 サンティアゴ・ガルシア
ファウスト・モンテーロ イエロー
カード
トマス・カルドーナ
アルフレード・ベルティ 監督 ディエゴ・ダボーベ
主審: パトリシオ・ロウスタウ
会場: エスタディオ・ディエゴ・アルマンド・マラドーナ (ブエノスアイレス)
2018.05.06

★スーペルリーガ・アルヘンティーナの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。