Superliga Argentina スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2017-2018

ラウターロ・マルティネスのゴールなどでラシンが勝利 エストゥディアンテスは誤審に泣く

スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2017-2018 第26節 エストゥディアンテス 1-2 ラシン・クルブ
▲ ゴールを決めたラウターロ・マルティネスに駆け寄って歓喜の輪を形成するラシンのイレブン
5月4〜7日に行われたアルゼンチン1部リーグの2017-2018 第26節。ラ・プラタで行われた「エストゥディアンテス×ラシン・クルブ」は、ラシンがリードを守りきって勝利を収めた。

試合は、敵地に乗り込んだラシンが17分に先制。相手のコーナーキックをマイボールにしてカウンターに転じると、フェデリコ・サラーチョ、ラウターロ・マルティネス、アウグスト・ソラーリとつないで右サイドに運び、ソラーリがゴール前に折り返した低いクロスにラウターロ・マルティネスが右足で合わせてゴールネットを揺らした。

一方のエストゥディアンテスは39分、ボールを巡ってアウグスト・ソラーリの高く上げた足がファクンド・サンチェスの胸や顔面を直撃すると、主審は故意に蹴ったとしてソラーリにレッドカードを提示。ラシンのイレブンは主審に抗議し、エドゥアルド・コウデ監督は判定への憤りをあらわにしたが、レッドカードが取り消されることはなく、ラシンは前半のうちに数的不利に陥った。

それでもラシンは後半、アレハンドロ・ドナーティが右足で直接フリーキックをゴール左隅に決めて 2-0 とした。

先に3人の交代枠を使い切ったエストゥディアンテスは、75分にカルロ・ラタンシオの折り返しをマリアーノ・パボーネがゴールに押し込んで1点を返すと、80分にはパボーネが右からのクロスに頭で合わせた。だがこのシュートはキーパーが右手で外に弾き出し、ラシンはエストゥディアンテスの追加点を許さず。

後半のアディショナルタイムには、ペナルティエリアでゴンサーロ・ピオービがハンドを犯したが、エストゥディアンテスのイレブンが主審を取り囲んで抗議しても、主審はハンドを取らず。ピッチサイドではエドゥアルド・コウデ監督が苦笑いする一幕もあった。

スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2017-2018 第26節 (2018/05/06)
エストゥディアンテス 1-2 ラシン・クルブ
マリアーノ・アンドゥハル GK ファン・ムッソ
ファクンド・サンチェス
ジョナタン・チュンケ
レアンドロ・デサバト
ガストン・カンピ
(カルロ・ラタンシオ)
セバスティアン・ドゥバルビエル
(マリアーノ・パボーネ)
DF イバン・ピルー
ミゲル・バルビエーリ
アレハンドロ・ドナーティ
(レオナルド・シガーリ)
(ネリ・ドミンゲス)
ゴンサーロ・ピオービ
イバン・ゴメス
(ガストン・ヒメーネス)
ロドリーゴ・ブラーニャ
ルーカス・ロドリゲス
MF セーサル・メリ
フェデリコ・サラーチョ
ディエゴ・ゴンサーレス
アウグスト・ソラーリ
ファン・フェルネイ・オテーロ
ルーカス・メラーノ
FW ブライアン・マンシージャ
(ネリ・カルドーソ)
ラウターロ・マルティネス
マリアーノ・パボーネ 75 ゴール 17 ラウターロ・マルティネス
56 アレハンドロ・ドナーティ
ルーカス・ロドリゲス
ガストン・カンピ
ロドリーゴ・ブラーニャ
イエロー
カード
アレハンドロ・ドナーティ
レッド
カード
アウグスト・ソラーリ
ルーカス・ベルナルディ 監督 エドゥアルド・コウデ
主審: フェルナンド・エスピノーサ
会場: エスタディオ・シウダー・デ・ラ・プラタ (ラ・プラタ)
2018.05.06

★スーペルリーガ・アルヘンティーナの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。