Superliga Argentina スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2017-2018

“ワンチョペ”ことラモン・アビラの2ゴールで勝ったボカ 早ければ5月9日にも連覇達成へ

スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2017-2018 第26節 ボカ・ジュニオルス 2-0 ウニオン
▲ 88分に2点目のゴールを決めたラモン・アビラ(左)は、お膳立てしたクリスティアン・パボン(7番)とガッツポーズで呼応する
5月4〜7日に行われたアルゼンチン1部リーグの2017-2018 第26節。首都ブエノスアイレスで行われた「ボカ・ジュニオルス×ウニオン」は、“ワンチョペ”ことラモン・アビラの2ゴールでボカが優勝に王手をかけた。

試合は、リーグ優勝を目指すボカが序盤から相手を圧倒。前半はラモン・アビラにボールを集めてゴールを狙ったが、何度も訪れたチャンスもゴールに至らず。24分には、クリスティアン・パボンのミドルシュートがクロスバーを直撃する惜しい場面もあった。対するウニオンは前半のアディショナルタイムに絶好機があったが、フランコ・フラガパーネが左足で打ったシュートはキーパーが身を挺して弾き返した。

0-0 で迎えた後半。ウニオンは早めに選手交代に出ると、72分にはディエゴ・サバーラがニアサイドのゴールを狙ったシュートを打って、ボケンセを冷やっとさせる場面も。それから5分ほどはウニオンの時間が続いた。

それでもボカは無失点で切り抜けると、78分に先制。カウンターで右サイドを上がったクリスティアン・パボンが相手との間合いを取りながらゆっくり前進してペナルティエリアに入ると、最終ラインとキーパーの間へラストパスを出した。タイミングを合わせてゴールエリアに飛び出たラモン・アビラは、左足でゴールに押し込むだけだった。

終了間際に生まれたボカの2点目も、パボンと“ワンチョペ”のコンビネーションから生まれた。88分、パボンが前線にボールを送ると、ペナルティエリアでトラップしたラモン・アビラが最終ラインを突破してキーパーをもフェイントで振り切り、無人のゴールにシュートを決めて 2-0 とした。

この結果、2位ゴドイ・クルスとの勝ち点差3を維持したボカは、早ければヒムナシア・ラ・プラタ戦が行われる5月9日にも国内リーグ連覇が決まる。

スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2017-2018 第26節 (2018/05/06)
ボカ・ジュニオルス 2-0 ウニオン
アグスティン・ロッシ GK ネレオ・フェルナンデス
フリオ・ブッファリーニ
サンティアゴ・ベルジーニ
リサンドロ・マガジャン
フランク・ファブラ
DF ダミアン・マルティネス
(ブライアン・ブラーシ)
ジェイマール・ゴメス
ジョナタン・ボッティネッリ
ルシアーノ・バルビ
ウィルマール・バリオス
エマヌエル・レイノーソ
(オスカル・ベニーテス)
パブロ・ペレス
カルロス・テベス
(ゴンサーロ・マローニ)
MF マウロ・ピットン
ネルソン・アセベード
(マヌエル・デ・イリオンド)
ディエゴ・サバーラ
フランコ・フラガパーネ
(ロドリーゴ・ゴメス)
クリスティアン・パボン
(レオナルド・ハラ)
ラモン・アビラ
FW フランコ・ソルダーノ
ルーカス・ガンバ
ラモン・アビラ 78
ラモン・アビラ 88
ゴール
ギジェルモ・バロシュケロット 監督 レオナルド・マデロン
主審: ヘルマン・デルフィーノ
会場: ラ・ボンボネーラ (ブエノスアイレス)
2018.05.06

★スーペルリーガ・アルヘンティーナの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。