Campeonato Brasileiro Serie A ブラジル全国選手権 1部

謹慎期間延長に翻弄されるゲレーロに追い打ち フラメンゴが契約解除を検討か

ブラジルの名門フラメンゴがペルー代表FWパオロ・ゲレーロとの契約解除を決断か
▲ 5月13日にフラメンゴで戦列に復帰してゴールを決めたばかりのパオロ・ゲレーロだったが…
ペルー代表FWパオロ・ゲレーロが苦境に立たされている。先日になって禁止薬物疑惑による謹慎期間延長が決まりワールドカップ出場が絶望的になっただけでなく、所属するフラメンゴがゲレーロとの契約解除を検討していることがわかった。

ゲレーロは昨年の南米予選でアルゼンチン戦の直後に、禁止薬物使用の疑いが発覚。WADA(世界アンチ・ドーピング機関)によれば、同選手の体内からは禁止薬物コカインの代謝産物であるベンゾイルエクゴニンが検出され「陽性」と判定された。

その後はゲレーロ側の弁護団の努力もあって謹慎期間は6ヵ月に短縮され、ゲレーロは6ヵ月の謹慎を経て5月上旬にはフラメンゴで実戦に復帰。先のブラジレイロンではゴールを決めるなど、かつてと遜色ない活躍をみせて健在ぶりを誇示していた。

ところが、その直後にゲレーロの謹慎期間が6ヵ月から14ヵ月に延長される決定が下り、ゲレーロは再び謹慎を再開する羽目に。この展開を受けて、来年8月で契約の切れるフラメンゴは、来年2月まで選手として起用できないゲレーロとの契約解除を検討することにしたという。すでにゲレーロへの給与支払いは一時停止している。

ちなみに、ゲレーロ自身は現在の逆境に立ち向かう気力をみなぎらせていて「ペルー代表を今引退することはない。最後まであきらめないで戦う」と戦闘モード全開だ。

◆ パオロ・ゲレーロ
本名:ホセ・パオロ・ゲレーロ・ゴンサーレス
1984年1月1日生まれ(34歳)
出身:ペルー(首都リマ)
身長:185cm
ポジション:フォワード
名門アリアンサ・リマの下部組織で200ゴール以上決めたのを受けて、ドイツの名門バイエルン・ミュンヘンが青田買い。その後バイエルンのセカンドチームからトップチームに昇格して活躍した。2006年からは6年間ハンブルガーSVで51ゴールを挙げる活躍をみせた。2012年にブラジルの名門コリンチャンスへ移籍して大活躍したのち、2015年からはフラメンゴでも主力であり続けている。ペルー代表には、2004年から13年に渡り招集され続けている。

2018.05.18

★ワールドカップ南米予選の試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。