CONMEBOL Libertadores コンメボル・リベルタドーレス 2018

序盤に2ゴールを奪ったクルゼイロがグループ首位通過 ラシンは2位で決勝トーナメントへ

コンメボル・リベルタドーレス 2018 グループリーグ第6節 クルゼイロ 2-1 ラシン・クルブ
▲ 10分に追加点となるゴールを決めたルーカス・シウバ(左)
5月22〜24日に各地で行われたコンメボル・リベルタドーレスのグループリーグ第6節。ブラジルのベロ・オリゾンチで行われた「クルゼイロ×ラシン・クルブ」は、クルゼイロが勝利。この結果、クルゼイロは得失点差でラシンを上回り、グループ首位で決勝トーナメント進出となった。

先制点は早く、2分にホビーニョのスルーパスで右サイドを上がったサッサーがペナルティエリアに入ってボールを折り返すと、ゴール前で生まれたルーズボールを元ベガルタ仙台のチアゴ・ネービスが左足でゴールネットに突き刺した。さらに4分には、チアゴ・ネービスのスルーパスでサッサーがキーパーと1対1になったが、右足のアウトサイドに引っかけて蹴ったシュートは枠を逸れた。それでも10分に高い位置でインターセプトしたルーカス・シウバが、ペナルティエリアの外から右足を振り抜いてゴールネットを揺らし、クルゼイロはリードを2点とした。

ラシンは27分にスルーパスで右サイドを上がったアウグスト・ソラーリがゴール前に折り返し、ルーズボールをファーサイドで待ち構えていたリカルド・セントゥリオンが右足のハーフボレーでゴールに蹴り込んで1点を返した。さらに39分にはラウターロ・マルティネスのスルーパスでアウグスト・ソラーリがキーパーと1対1になったが、ループシュートはファーサイドのゴールポストに当たって相手にクリアされた。40分にはアレハンドロ・ドナーティがロングシュートを打って積極的に同点を目指した。

▲ スタンドの歓声に応えるルーカス・シウバ
クルゼイロがコーナーキックを蹴る直前で前半終了の笛が鳴ると、クルゼイロのイレブンが終了のタイミングを巡って主審に抗議する一幕もあった。

後半、クルゼイロは3点目を狙って厚い攻撃を続けたが、相手守護神のファインセーブもあってゴールを奪えず。一方、ラシンは79分にビッグチャンスがあったが、アーリークロスに反応したリカルド・セントゥリオンのダイビングヘッドはキーパーが正面で弾き返した。

タイムアップのホイッスルが鳴ると、スタンドのクルゼイレンセ(クルゼイロのサポーター)はグループを首位通過を手放しで喜んだ。ラシンは2位通過となった。

コンメボル・リベルタドーレス 2018 グループリーグ第6節 (2018/05/22)
クルゼイロ
(ブラジル)
2-1 ラシン・クルブ
(アルゼンチン)
ファービオ GK ファン・ムッソ
ルーカス・ロメーロ
デデ
レオ
エジージオ
DF イバン・ピルー
ミゲル・バルビエーリ
(ルーカス・オルバン)
アレハンドロ・ドナーティ
アレクシス・ソト
ルーカス・シウバ
エンリーキ
ホビーニョ
(ブルーノ・シウバ)
ジョルジアン・デ・アラスカエータ
チアゴ・ネービス
(ハファエウ・ソービス)
MF ネリ・カルドーソ
(ブライアン・マンシージャ)
ディエゴ・ゴンサーレス
アウグスト・ソラーリ
(フェデリコ・サラーチョ)
リカルド・セントゥリオン
サッサー
(ハニエウ)
FW ラウターロ・マルティネス
リサンドロ・ロペス
チアゴ・ネービス 02
ルーカス・シウバ 10
ゴール 27 リカルド・セントゥリオン
ホビーニョ
レオ
ルーカス・ロメーロ
イエロー
カード
アウグスト・ソラーリ
ラウターロ・マルティネス
ミゲル・バルビエーリ
ディエゴ・ゴンサーレス
マノ・メネーゼス 監督 エドゥアルド・コウデ
主審: オスカル・ロハス (ウルグアイ)
会場: エスタジオ・ド・ミネイロン (ベロ・オリゾンチ)
2018.05.22

★コンメボル・リベルタドーレス2018のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2017のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2016のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2015のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2014のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2013のコンテンツはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。