Campeonato Brasileiro Serie A ブラジル全国選手権 1部

首都で行われた伝統のクラシコ“Flu-Fla” フラメンゴが宿敵を破って首位の座を強固に

カンピオナート・ブラジレイロ 2018 第10節 フルミネンセ 0-2 フラメンゴ
▲ 28分にPKを決めたエンリーキ・ドウラード
6月5〜7日に行われたカンピオナート・ブラジレイロ 2018 の第10節。首都ブラジリアで行われたクラシコ「フルミネンセ×フラメンゴ」は、首位を走るフラメンゴが勝利を収めた。

リオ・デ・ジャネイロでなく首都ブラジリアで行われたクラシコは、序盤からフラメンゴが優勢。12分には、U-17ブラジル代表FWビニシウス・ジュニオールが左サイドで股抜きドリブルを披露。グラウンダーのクロスはファーサイドへ流れたが、ビニシウス・ジュニオールはその1分後にもミドルシュートでスタンドを湧かせた。

試合は、26分に攻めたフラメンゴが、エベルトン・ヒベイロのクロスからペナルティエリアでのファウルが生まれてPKを獲得。このPKをエンリーキ・ドウラードが難なく決めて、先制した。

前半が劣勢だったフルミネンセは、後半の開始に2人を交代させて 3-6-1 から 4-3-3 に変更。ところが、後半から入ったばかりのパブロ・ジエゴが10分で負傷退場になってしまい、フルミネンセは55分に交代枠を使い切る羽目になった。

一方、余裕を持って断続的に選手交代を済ませたフラメンゴは、78分に追加点を奪う。右サイドへ流れたエベルトン・ヒベイロがルーカス・パケターとのワンツーでペナルティエリアに入ると、相手の股間を抜くラストパスをゴールエリアに供給。トラップしたフェリッピ・ビゼウはシュートフェイントでキーパーを翻弄すると、右足でゴールに押し込んだ。

首都で宿敵を撃破したフラメンゴは、4連勝で2位スポルチとの勝ち点差を5に広げた。

カンピオナート・ブラジレイロ 2018 第10節 (2018/06/07)
フルミネンセ 0-2 フラメンゴ
ジュリオ・セーザル GK ジエゴ・アウベス
グン
ヘナット・シャビス
(パブロ・ジエゴ)
(ホビーニョ)
ルアン・ペレス
DF ホジネイ
レオ・ドゥアルチ
ホドウフォ
(トゥーレル)
ヘネ
ヒシャルジ
ドウグラス
ジャジソン
ジウベルト
ジュニオール・ソルノーサ
(マテウス・アレッサンドロ)
マルロン
MF グスターボ・クエージャル
ルーカス・パケター
エベルトン・ヒベイロ
ジョアン・カルロス FW マルロス
(ジェアン・ルーカス)
エンリーキ・ドウラード
(フェリッピ・ビゼウ)
ビニシウス・ジュニオール
ゴール 28 エンリーキ・ドウラード (PK)
78 フェリッピ・ビゼウ
ジウベルト
マルロン
マテウス・アレッサンドロ
イエロー
カード
ルーカス・パケター
ヘネ
アベウ・ブラーガ 監督 マウリシオ・バルビエーリ
主審: デウソン・フェルナンド・フレイタス・ダ・シウバ
会場: エスタジオ・ナシオナウ (ブラジリア)
2018.06.07

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。