Superliga Argentina スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2018-2019

新シーズンの概要発表 昨季よりさらに減って26チームに スーペルクラシコは9月に予定

AFA(アルゼンチンサッカー協会)が発表したスーペルリーガ 2018-2019 シーズンの概要
▲ 昨年に続いて新シーズンとともに2チームを減らしたAFA
AFA(アルゼンチンサッカー協会)は、スーペルリーガ・アルヘンティーナの2018-2019 シーズンについて概要を公表している。シーズンの変わり目に2チームを削減した昨年に続き、今回も2チームを削減したことにより、今季のチーム数は26になった。

今回2部に降格したのは、テンペルレイ、オリンポ、アルセナル、チャカリータ・ジュニオルスの4チーム。替わって昇格したのはアルドシービとサン・マルティン・トゥクマンの2チームとなった。

開幕は2018年8月10日。ホーム&アウェイでなく、26チームによる総当たり25試合で、2019年4月8日に閉幕するスケジュールになっている。5月閉幕の例年より早く閉幕する背景には、同年にブラジルで開催されるコパ・アメリカの影響もあるとみられる。

注目のスーペルクラシコは第6節(2018年9月21〜24日)に組まれていて、ラ・ボンボネーラで「ボカ・ジュニオルス vs リーベル・プレート」が行われる見込みだ。ほか、「サン・ロレンソ vs ウラカン」は第13節(2018年11月23〜26日)、「インデペンディエンテ vs ラシン・クルブ」は第20節(2019年2月22〜25日)にそれぞれ組まれている。

一時は30チームにまで膨張したトップリーグだが、近年は2チームずつ削減されていっている。

★ 2018-2019シーズンのコンテンツページはこちら!

2018.07.20

★スーペルリーガ・アルヘンティーナの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。