CONMEBOL Libertadores コンメボル・リベルタドーレス 2018

暴動によるパカエンブーの修繕費は日本円で約109万円 サントスが全額弁償へ

28日の試合中に発生した暴動によって判明したエスタジオ・ド・パカエンブーの被害総額
▲ 暴動から一夜明けて被害状況が明らかになったパカエンブーのスタンド。破壊された座席が暴動の程度を物語る
28日の試合中に発生したサントスのサポーターによる暴動について、エスタジオ・ド・パカエンブーの管理事務所は一夜明けた29日に被害状況と被害総額を発表した。

観客の一部が暴徒化した際には、ピッチに発煙筒が投げ込まれたほか、沈静しようとした軍警察との衝突、スタンドに設置された座席の破壊と様々な混乱が発生。そして一夜明けた29日には、破壊された座席が100を超えていることに加えて、フェンスの破壊、トイレの便座や蛇口の損壊、発煙筒の投下による芝の焼け焦げなども判明した。管理事務所の広報によれば、修繕費は少なく見積もっても3〜4万ヘアウ(日本円で約82万円〜約109万円)とのことだ。

パカエンブーの管理事務所は、被害状況をすぐサントスへ伝えていて、サントスはパカエンブーの修繕費を全額負担することになるという。

2018.08.29

★コンメボル・リベルタドーレス2018のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2017のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2016のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2015のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2014のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2013のコンテンツはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。