CONMEBOL Libertadores コンメボル・リベルタドーレス 2018

負傷退場で涙を流したパボンは次戦の出場へ意欲十分 2週間足らずでの復帰は実現するか?

11日のスーペルクラシコで負傷退場したアルゼンチン代表FWクリスティアン・パボンの容態について
▲ 20分過ぎに負傷退場となり、ピッチサイドを歩きながら両手で顔を覆うアルゼンチン代表FWクリスティアン・パボン
11日に行われたリベルタドーレスの決勝 1st.Leg で、スタメンで出場したアルゼンチン代表FWクリスティアン・パボンは約20分の出場でベンチに下がった。理由は、ボールを追いかけた際に左のハムストリングスを負傷してしまったためで、ケガの具合から24日に行われる 2nd.Leg への出場も不明であるという。

前半途中に無念の途中交代を強いられたパボンは、チームドクターとともにピッチサイドを歩いて去る際に、両手で顔を覆った。大一番で力を出し切らないままに退かなければならない現実と、負傷したことの悔しさから泣いているようにも映った。

そして診断の結果、全治2週間と判明したことによって、パボンは24日の 2nd.Leg に出場できるか否かがわからなくなっている。仮に間に合ってもフル出場は難しく、数分程度しかプレイできないとする医療スタッフの話もある。だが本人は次も試合に出たいと訴えていて、ボカとしても重要な戦力であることから、これから選手・スタッフ一丸となってパボンの完治に全力を尽くすことになるが…。

本人は 2nd.Leg の出場を望んでいるが、医学上は回復の予測は不可能。果たして、パボンは24日に万全の状態で戦列に戻ってこられるか。

2018.11.12

★コンメボル・リベルタドーレス2018のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2017のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2016のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2015のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2014のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2013のコンテンツはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。