Superliga Argentina スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2018-2019

首位ラシンに迫るデフェンサ・イ・フスティシア 終了直前の勝ち越しゴールによって勝ち点で並ぶ

スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2018-2019 第17節 サン・マルティン・トゥクマン 1-2 デフェンサ・イ・フスティシア
▲ 後半のアディショナルタイムに決勝ゴールをお膳立てしたマティアス・ロハス(26番)はチームメイトから厚い祝福を受ける
2月1〜4日に行われたスーペルリーガ・アルヘンティーナの2018-2019 の第17節。トゥクマンで行われた「サン・マルティン・トゥクマン×デフェンサ・イ・フスティシア」は、終了直前の勝ち越しゴールによってデフェンサ・イ・フスティシアが勝ち点3を獲得した。

試合は17分にサン・マルティン・トゥクマンがコーナーキックを得ると、クリアされて右サイドに戻ってきたボールをティノ・コスタが再度ゴール前へ上げると、ペナルティエリアでシーロ・ルイスの右手に当たってPKを獲得。ベッカセーセ監督は第4審判に詰め寄って激しく抗議したが、判定は覆らず、このPKをティノ・コスタが決めてサン・マルティン・トゥクマンが先制した。

後半、デフェンサ・イ・フスティシアは3人の交代枠を早めに使い切ったが、攻めてもゴールを奪えずにいた。それでも82分に左サイドからのアーリークロスが、オリベル・ベニーテスのヘディングによるオウンゴールを誘発して、デフェンサ・イ・フスティシアはやっと追いついた。

▲ 土壇場での勝ち越しを受けてテレビカメラに近づいて吠えるデフェンサ・イ・フスティシアのセバスティアン・ベッカセーセ監督
1-1 で迎えた後半のアディショナルタイムは4分。決勝点はデフェンサ・イ・フスティシアに転がり込んだ。92分、ガストン・トグニがセンターサークルで相手のマークを外して左足で最終ラインの裏へスルーパスを出すと、マティアス・ロハスが誰もいないスペースを駆け上がってペナルティエリアに到達。ロハスはシュートを打つ素振りをみせて左にパスを出すと、ニコラス・フェルナンデスが左足でシュートを決めた。ゴールが決まるや否や、ベッカセーセ監督は試合中にも関わらずピッチに飛び出して駆け回り、勝利を確信してはしゃいでいた。

この結果、デフェンサ・イ・フスティシアは暫定で首位ラシンと勝ち点で並んだ。首位浮上へ、デフェンサ・イ・フスティシアの快進撃は続く。

スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2018-2019 第17節 (2019/02/03)
サン・マルティン・トゥクマン 1-2 デフェンサ・イ・フスティシア
ホルヘ・カランサ GK ルイス・ウンサイン
エルナン・ペトリ
ルーカス・アセベード
オリベル・ベニーテス
マティアス・ガルシア
DF ニコラス・トリピッチョ
(アレクシス・カストロ)
アレハンデル・バルボーサ
リサンドロ・マルティネス
ラファエル・デルガード
(フェルナンド・マルケス)
アドリアン・アレーギ
(ゴンサーロ・ラマルド)
ジュリアン・ビターレ
(バレンティン・ビオーラ)
ティノ・コスタ
ゴンサーロ・ロドリゲス
(ニコラス・ヒメーネス)
ロドリーゴ・ゴメス
MF レオネル・ミランダ
ドミンゴ・ブランコ
マティアス・ロハス
ルシアーノ・ポンス FW シーロ・ルイス
(イグナシオ・アリセーダ)
ニコラス・フェルナンデス
ガストン・トグニ
(PK) ティノ・コスタ 19 ゴール 82 オリベル・ベニーテス (オウンゴール)
90+2 ニコラス・フェルナンデス
ルシアーノ・ポンス
マティアス・ガルシア
ゴンサーロ・ラマルド
イエロー
カード
フェルナンド・マルケス
ワルテル・コジェッテ 監督 セバスティアン・ベッカセーセ
主審: パブロ・エチャバリーア
会場: エスタディオ・ラ・シウダデーラ (トゥクマン)
2019.02.03

★スーペルリーガ・アルヘンティーナの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。