Copa America 2019 コパ・アメリカ 2019

【2019ブラジルへ行こう!】エスタジオ・オクタビオ・マンガベイラ (アレーナ・フォンチ・ノーバ)

2019コパ・アメリカの舞台 〜vol.5〜 バイーア州 サウバドール
予定されているコパ・アメリカの試合:  グループステージ4試合 、 準々決勝1試合
▲サウバドールの位置
東に大西洋を望む湾港都市サウバドールのことを「サウバドール」と呼ぶ人は、あまり多くないという。定着している名称は「バイーア」。この街がある州の名前と同じだ。サウバドールの正式名称は「サン・サウバドール・ダ・バイーア・ジ・トードス・オス・サントス」で、サウバドールもバイーアも含まれておりどちらが正解、不正解という論議は存在しない。(当サイトでは以降「サウバドール」と表記する)

◇ ◇ 歴史 ◇ ◇

サウバドールの歴史の始まりは16世紀のこと。開拓目的で南米大陸に上陸したポルトガル人によって発見され、当時日本が戦国時代の真っ直中であった1549年に「諸聖人の湾」周辺に街が建設された。その後ポルトガル領ブラジルが砂糖産業と奴隷貿易を基盤にして急速に発展すると、1763年にリオ・デ・ジャネイロに遷都されるまでの約200年もの間、サウバドールはポルトガル領ブラジルの最初の首都として繁栄。
首都機能が移転して久しい現在でもなお、ブラジルのカトリック教会の中心地としての顔を持っている。事実、街の中心地にはサウバドール大聖堂という壮大な建造物がある。

▲ アレーナ・フォンチ・ノーバと周辺の街並み
そのサウバドールで最初に設立されたクラブチームは「エスポルチ・クルービ・ビットーリア」。19世紀に誕生した数少ないブラジルのクラブチームのひとつ(1899年)で、設立当初はサッカーよりもクリケットのほうが競技人口の多さで勝っていたという。

そしてビットーリアに並ぶサウバドールの名門クラブが、1931年1月1日に設立された「バイーア・エスポルチ・クルービ」。のちにECバイーア(エスポルチ・クルービ・バイーア)に名称変更されるこのクラブは、前年まで存在した「アソシアソン・アトレチカ・ダ・バイーア」とテニスの「クルービ・バイアーノ」が合併して誕生したクラブチームだ。
バイーアは設立元年にいきなりバイーア州選手権を優勝し、地元ファンの心を掴んだ。

同州最大のクラシコは言わずもがな「バイーア×ビットーリア」。両軍の頭文字を取って“バ=ビ(Ba-Vi)”という略称がついている。

▲ アレーナ・フォンチ・ノーバのスタンドとピッチ
歴史が古いのはビットーリアだが、チームの成績ではバイーアのほうが上回っている。バイーア州選手権での優勝回数も多く、そしてブラジル全国選手権での優勝経験(1988年)もある。さらにバイーアは、1959年にタッサ・ブラジウを優勝。(※) 宿敵ビットーリアに大きく水をあけている。

そんなバイーアの本拠地がエスタジオ・オクタビオ・マンガベイラ。「フォンチ・ノーバ」の愛称で親しまれている同州最大規模のスタジアムだ。1950年頃には66,000人を超えるキャパシティを誇ったとも伝えられているフォンチ・ノーバは地元の行政が管轄する施設で、ワールドカップ開催に備えて2007年から改修工事を開始。改修後の収容人数は48,000弱となって、2013年4月にこけら落としを迎えた。

同州が生んだ最良のサッカー選手は、州都サウバドール生まれのベベット(ジョゼ・ホベルト・ガーマ・ジ・オリベイラ)。フラメンゴとバスコ・ダ・ガマでプレイしていた1989年に南米最優秀選手賞を受賞したゴールハンターで、1994年のW杯アメリカ大会ではホマーリオとの強力な2トップを形成。セレソンの世界一に貢献した功労者でもある。引退後はリオ・デ・ジャネイロ州会議員として働く傍ら、2012年2月にはブラジルW杯大会組織委員会理事に就任。2014年の大会成功にも大きく貢献した。

▲ サウバドールの海岸と街並み。南半球にあるため、北から南に陽光が降り注ぐ
ブラジル国内においても屈指の海岸を誇るサウバドールの気候は、セアラー州フォルタレーザほど暑くはないものの常夏の街であり、海水浴を中心とした産業で世界中から観光客が訪れる。歴史情緒を併せ持つ“ブラジル最古の首都”は、開催期間中も重要な役割を担うに違いない。

◇ ◇ 交通手段 ◇ ◇

アレーナ・フォンチ・ノーバへのアクセスについて、サウバドールの市街地中心部からは地下鉄が便利だ。地下鉄1号線のカンポ・ダ・ポウボラ駅を下車すればスタジアム北口まで徒歩8分、同路線のブロッタス駅からは徒歩約10分で到着する。空港(サウバドール国際空港)からアレーナへ直行する場合は、タクシーが便利。約30〜40分ほどかかるが、運賃は100ヘアウ(日本円で3千円弱)ほどとリーズナブルだ。

名称 エスタジオ・オクタビオ・マンガベイラ (アレーナ・フォンチ・ノーバ)
収容人数 47,907
コートの広さ 110m×75m
開催予定試合 グループリーグの4試合、決勝トーナメント1回戦の1試合、準々決勝1試合
ホームチーム バイーア、ビットーリア など
街の人口 2,948,733 (2013年統計)
オススメ観光地 ビットーリア歴史館、サウバドール大聖堂、バーハ灯台、イタプアン海岸、ピトゥーバ海岸、アルチスタス海岸、バーハ港 など
※『タッサ・ブラジウ』… 1959年から1968年まで開催されていた全国規模のサッカートーナメントで、その位置づけは1971年に開幕したブラジル全国選手権とほぼ同じといわれている。1960年に始まった南米のクラブ王者を決めるコパ・リベルタドーレスに出場するチームを決める大会でもあり、バイーアはこの大会の栄えある初代王者に輝いた。

2019.02.23

★コパ・アメリカ 2019 ブラジル大会の順位表や結果などをチェックしたい方はこちら。

★コパ・アメリカ・センテナリオ 2016 U.S.A.大会の順位表や結果などをチェックしたい方はこちら。

★コパ・アメリカ 2015 チリ大会の順位表や結果などをチェックしたい方はこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。