Campeonato Paulista カンピオナート・パウリスタ

パウメイラスの新たなる攻撃の核 ヒカルド・ゴウラーが移籍後初戦でいきなり2ゴール1アシスト

カンピオナート・パウリスタ 2019 第9節 パウメイラス 3-2 イトゥアーノ
▲ ゴールを決めたブラジル代表FWヒカルド・ゴウラー(11番)に抱きついて祝福するパウメイラスのイレブン
3月2〜3日に行われたカンピオナート・パウリスタの第9節。サンパウロ州の州都サンパウロで行われた「パウメイラス×イトゥアーノ」は、パウメイラスが点の取り合いを制した。

前半の45分で注目を浴びたのは、かつてクルゼイロで大活躍したブラジル代表FWヒカルド・ゴウラーだった。膝のリハビリに専念していて、当初は実戦復帰が3月頃と報じられていたが、予定より早く2月末でのパウメイラスデビューを迎えたヒカルド・ゴウラーは、11分にコーナーキックのルーズボールを左足でゴールに沈めて先制点をもたらした。続けて22分には、右サイドからマイキが上げたクロスに頭で合わせて2点目を奪ったヒカルド・ゴウラー。ハットトリックこそならなかったものの、ヒカルド・ゴウラーは移籍後初戦で2ゴールを叩き出し、結果を残した。

▲ ゴールを決めたブラジル代表FWヒカルド・ゴウラー(右)は笑顔でチームメイトを迎える
後半、イトゥアーノは54分にマルコス・セハートのゴールで1点を返したが、パウメイラスはその3分後に再び2点差とした。左サイドからブルーノ・エンリーキがアーリークロスを上げて、ヒカルド・ゴウラーが左胸で折り返したボールを最後はコロンビア代表FWミゲル・アンヘル・ボルハが左足でゴールに押し込んだ。

イトゥアーノは74分にモラートが丁寧なループシュートを決めて再び1点差としたが、パウメイラスはリードを守りきって勝ち点3を獲得した。

カンピオナート・パウリスタ 2019 第9節 (2019/03/03)
パウメイラス 3-2 イトゥアーノ
ウェベルトン GK ペゴラーリ
マイキ
アントニオ・カルロス
エドゥ・ドラセーナ
ジオゴ・バルボーザ
DF ジョナス
レオ・サントス
ヒカルド・シウバ
ペリ
フェリッピ・メロ
ブルーノ・エンリーキ
(ルーカス・リーマ)
ヒカルド・ゴウラー
MF バラーリャス
(バザーニ)
マルコス・セハート
コヘーア
(マルセリーニョ)
カルロス・エドゥアルド
(フェリッピ・ピレス)
ミゲル・アンヘル・ボルハ
(チアゴ・サントス)
ドゥドゥ
FW マルチネッリ
モラート
ハモン
(ギ・メンジス)
ヒカルド・ゴウラー 11
ヒカルド・ゴウラー 22
ミゲル・アンヘル・ボルハ 57
ゴール 54 マルコス・セハート
74 モラート
ミゲル・アンヘル・ボルハ
チアゴ・サントス
ジオゴ・バルボーザ
フェリッピ・メロ
イエロー
カード
バラーリャス
監督
主審: ルーカス・カネット・ベローチ
会場: アレーナ・パウメイラス (サンパウロ)
2019.03.03

★カンピオナート・パウリスタの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。