Liga MX メキシコ1部リーグ 2019 後期

2点差を追いかけたプーマスがパラグアイ代表&チリ代表選手のゴールで引き分けに持ち込む

リーガ BBVA Bancomer MX (メキシコ1部リーグ) 2019 後期 第10節 プーマスUNAM 2-2 モナルカス・モレーリア
▲ 主審に抗議するパラグアイ代表FWファン・マヌエル・イトゥルベ(中央)は64分に左足でミドルシュートを決めた
3月8〜10日に行われたリーガMX(メキシコ1部リーグ)の2019 後期の第10節。首都メキシコシティで行われた「プーマスUNAM×モナルカス・モレーリア」は、プーマスUNAMが2点差を追いつき引き分けに持ち込んだ。

試合は、モナルカス・モレーリアが電光石火の先制ゴールを決めた。最終ラインの裏へ送られたボールを追いかけて左サイドからペナルティエリアに達したアルゼンチン人MFガストン・レスカーノが、フェイントで相手を振り切った上で右足でゴールに沈めたのは、なんとキックオフから15秒後のことだった。

モナルカス・モレーリアは35分に、ミゲル・サンソレスがキーパーと交錯してPKを得たが、ライ・サンドバルが右足で蹴ったPKはキーパーにコースを読まれてゴールを阻まれた。それでも後半の立ち上がりに再びPKを得ると、今度はマリオ・オスーナが冷静に決めて 2-0 とした。

2点差を追いかけることになったプーマスUNAMは、55分にアラン・モーソがクロスバーを直撃するミドルシュートで反撃に出ると、56分にはイグナシオ・マルコーラが左足で直接フリーキックを放ったが、こちらもまたクロスバーに嫌われた。それでもボールを支配して攻め込むと、64分にパラグアイ代表FWファン・マヌエル・イトゥルベがペナルティエリアの外から左足を振り抜き、キーパーの手を弾くシュートを決めて1点を返した。

なおも攻め込んだプーマスUNAMは、74分に右サイドで一人を抜いたアラン・モーソがエンドライン際からクロスを上げると、キーパーの頭上を越えたボールをチリ代表FWフェリペ・モーラがヘディングでゴールに押し込み 2-2 とした。

追いつかれたモナルカス・モレーリアは83分にイトゥルベの足を踏んだとしてエフライン・ベラルデが退場になって数的不利に陥った。対するプーマスUNAMには85分に逆転の絶好機が訪れたが、右からのクロスに合わせたフェリペ・モーラのヘディングシュートは両方のポストに当たってゴールラインを超えなかった。

リーガ BBVA Bancomer MX (メキシコ1部リーグ) 2019 後期 第10節 (2019/03/10)
プーマスUNAM 2-2 モナルカス・モレーリア
アルフレード・サルディバル GK セバスティアン・ソーサ
アラン・モーソ
パブロ・ジャケス
アレハンドロ・アリーバス
(ルイス・キンターナ)
ジェイソン・アングーロ
(フェリペ・モーラ)
DF マリオ・オスーナ
ガブリエル・アチリエ
セバスティアン・ベガス
エフライン・ベラルデ
ダビ・カブレーラ
(ケビン・エスカミージャ)
マルティン・ロドリゲス
アンドレス・イニエストラ
イグナシオ・マルコーラ
MF ロドリーゴ・ミジャル
(マリオ・トレーホ)
アルド・ロチャ
ガストン・レスカーノ
ライ・サンドバル
(ロベルト・メラス)
ファン・マヌエル・イトゥルベ
カルロス・ゴンサーレス
FW ミゲル・サンソレス
エディンソン・フローレス
(ロドルフォ・ビルチス)
ファン・マヌエル・イトゥルベ 64
フェリペ・モーラ 74
ゴール 01 ガストン・レスカーノ
50 マリオ・オスーナ (PK)
アルフレード・サルディバル
ファン・マヌエル・イトゥルベ
イエロー
カード
エフライン・ベラルデ
レッド
カード
エフライン・ベラルデ
ブルーノ・マリオーニ 監督 ハビエル・トレンテ
主審: ホルヘ・アントニオ・ペレス・ドゥラン
会場: エスタディオ・オリンピコ・ウニベルシターリオ (メキシコシティ)
2019.03.10

★最新ニュースの一覧をチェックしたい方はこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。