Superliga Argentina スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2018-2019

チームを6位に牽引したエインセ監督 契約延長を望む声を残して今季の任務は終了

ベレス・サルスフィエールのガブリエル・エインセ監督が 2018-2019 シーズンを回顧
▲ 今季最終戦を終えて記者会見に臨んだベレスのガブリエル・エインセ監督
かつてリベルタドーレスを制してトヨタカップで来日もしたことのあるアルゼンチンの名門ベレス・サルスフィエールは、2018-2019 シーズンを6位でフィニッシュした。優勝争いには加わらなかったものの、近年くすぶっていたチームを6位に導いた手腕は内外からも高く評価されている。そして当のエインセ監督も、今季の結果には手応えを感じたことを言葉にした。

最終節の「ベレス vs ラヌース」戦を終えて記者会見の席に現れたエインセ監督は、4-0 で大勝した喜びを次のように表現した。
「ハットトリックを達成したボウサはもちろん、サリナスのゴールも素晴らしかった。そして試合後にスタンドから私へのエールが贈られてきて感動した。こんな気持ちにさせてくれたインチャ(サポーター)に感謝を伝えたい」

エインセ監督は、来シーズン( 2019-2020 )もチームを率いるか否かについて明言を避けたものの、願わくば引き続き監督の仕事をしたい意向をほのめかして、会場を後にした。

◆ ガブリエル・エインセ

本名:
ガブリエル・イバン・エインセ
生年月日:
1978年4月19日生まれ(40歳)
出身:
アルゼンチン(エントレ・リオス州クレスポ)
身長:
183cm
ポジション:
ディフェンダー

ドイツ人の父とイタリア人の母の間に生まれる。1997年にニューウェルス・オールドボーイスでデビューすると、すぐに活躍の舞台を欧州に移す。2000年から4年半パリ・サンジェルマン(フランス)で活躍すると、その後はマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)やレアル・マドリー(スペイン)などのビッグクラブで活躍した。2014年にニューウェルスで現役を引退。2015年からは監督業を始め、2017年には名門アルヘンティノス・ジュニオルスを1部(スーペルリーガ)に昇格させている。

2019.04.06

★スーペルリーガ・アルヘンティーナの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。