Campeonato Paulista カンピオナート・パウリスタ

攻め続けたサントスが勝ってPK戦は8人目まで続いた接戦 決勝はクラシコ・マジェストーゾに

カンピオナート・パウリスタ 2019 準決勝 2nd.Leg サントス 1-0 (PK:6-7) コリンチャンス
▲ 85分に先制のヘディングシュートを決めたグスターボ・エンリーキはボールをユニフォームの内側に入れて親指を咥える
4月7〜8日に行われたカンピオナート・パウリスタの準決勝 2nd.Leg。サンパウロ州の州都サンパウロで行われたクラシコ「サントス×コリンチャンス」は、サントスが勝利を収めた。しかし2試合合計スコア 1-1 でPK戦の末に、決勝進出の権利を得たのはコリンチャンスだった。

月曜日の夜にも関わらず37,731人の観衆が詰めかけた一戦は、キックオフの10秒後にペドリーニョを蹴り上げた形になってしまったアリソンにイエローカードが出て、物々しい空気を伴い前半がスタートした。前半はサントスがボールを支配して、何度も相手ゴールを脅かした。

後半、サントスはU-17ブラジル代表FWホドリゴを、コリンチャンスは元ブラジル代表FWバギネル・ラブをそれぞれ投入して、前線の人数を増やして臨んだ。するとホドリゴは立ち上がりの47分にドリブル突破から右足で枠内シュートを放ったが、キーパーにキャッチされた。その後も、1st.Leg を 0-1 で落としているサントスは勝たなければならない重圧から、厚い攻撃を継続。70分にはこぼれ球をホドリゴが右足でシュートに持ち込んだが、またもキーパーによって阻まれた。

▲ PK戦の終了直後に元ブラジル代表GKカッシオ(オレンジ)に笑顔で駆け寄るコリンチャンスのイレブン
ひたすら攻め続けたサントスの執念は、終盤に結実した。85分、ビクトル・フェーハスが右サイドから上げたアーリークロスに、グスターボ・エンリーキが頭で合わせてゴールネットを揺らし、サントスが先制。そして2試合合計スコア 1-1 でアウェイゴールはなく、後半終了直後にPK戦が始まった。

コリンチャンスは1人目のマウロ・ボセーリが外し、サントスは2人目のカイオ・ジョルジがクロスバーに当ててしまう。その後はそれぞれが決めて迎えた8人目、エンリーキが決めたコリンチャンスに対し、サントスはビクトル・フェーハスのPKがポストに嫌われて決着。決勝進出が決まると、カッシオを中心とする歓喜の輪ができあがった。

この結果、決勝は「サンパウロ vs コリンチャンス」のクラシコ・マジェストーゾとなった。

カンピオナート・パウリスタ 2019 準決勝 2nd.Leg (2019/04/07)
サントス 1-0
PK
6-7
コリンチャンス
バンデルレイ GK カッシオ
ビクトル・フェーハス
フェリペ・アギラル
グスターボ・エンリーキ
ジエゴ・ピトゥーカ
DF ファギネル
マノエウ
エンリーキ
ダニーロ・アベラル
アリソン
カルロス・サンチェス
クリスティアン・クエバ
(ホドリゴ)
ジェフェルソン・ソテルド
MF ハウフィ
ジュニオール・ウルソ
ジュニオール・ソルノーサ
ジェアン・モッタ
(カイオ・ジョルジ)
デルリス・ゴンサーレス
FW ペドリーニョ
(バギネル・ラブ)
クレイソン
(ハミーロ)
グスターボ
(マウロ・ボセーリ)
グスターボ・エンリーキ 85 ゴール
ホドリゴ ○
カイオ・ジョルジ ×
ジェフェルソン・ソテルド ○
カルロス・サンチェス ○
デルリス・ゴンサーレス ○
ジエゴ・ピトゥーカ ○
アリソン ○
ビクトル・フェーハス ×
PK × マウロ・ボセーリ
○ バギネル・ラブ
○ ハミーロ
○ ジュニオール・ウルソ
○ ファギネル
○ ジュニオール・ソルノーサ
○ ダニーロ・アベラル
○ エンリーキ
アリソン
カルロス・サンチェス
ジエゴ・ピトゥーカ
カイオ・ジョルジ
イエロー
カード
クレイソン
カッシオ
ホルヘ・サンパオリ 監督 ファービオ・カリーリ
主審: ハファエウ・クラウス
会場: エスタジオ・ド・パカエンブー (サンパウロ)
2019.04.07

★カンピオナート・パウリスタの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。