Seleccion Nacional de Bolivia ボリビア代表

好調のカルロス・サウセード 「神様が代表復帰のご褒美を与えてくれると願っている」

39歳の元ボリビア代表FWカルロス・サウセードが目指す13年ぶりの代表復帰とコパ・アメリカ出場
▲ 39歳の元ボリビア代表FWカルロス・サウセードは国内リーグで得点ランキングトップと好調を維持している
1979年生まれのカルロス・サウセードは、39歳の今も好調。所属するサン・ホセ・オルーロでゴールを量産し、5月9日現在で国内リーグの得点ランキングトップに立っている。調子の良さを自覚してか、同選手はボリビア代表への復帰とコパ・アメリカへの出場に意欲的であることを公言した。

先の日曜日に行われた「ザ・ストロンゲストvsサン・ホセ・オルーロ」の試合でも、サウセードは2ゴールを決めて 2-2 の引き分けに持ち込む活躍を披露。すると手応えを感じているベテランストライカーは、直近の目標と願望を言葉にした。
「私は普段からゴールを決めるために日々の練習を怠らず、最善を尽くしている。神様が私に代表復帰のご褒美を与えてくれることを願っているよ」

サウセードは2006年を最後にボリビア代表から遠ざかっているが、本人は代表引退を表明しておらず、現役である間はアラフォーの今も代表入りを目指している。果たして、ボリビア代表のエドゥアルド・ビジェーガス監督はカルロス・サウセードをどう評価するか。

◆ カルロス・サウセード

本名:
カルロス・エンリケ・サウセード・ウルヘル
生年月日:
1979年12月11日生まれ(39歳)
出身:
ボリビア(サンタ・クルス・デ・ラ・シエーラ)
身長:
175cm
ポジション:
フォワード

2005年に26歳で、オリエンテ・ペトロレーロでデビューした遅咲きのストライカー。その後は主にボリビア国内のクラブチームを渡り歩き、2012年から2014年までと2017年から現在までに所属しているサン・ホセ・オルーロで最も多くのゴールを決める活躍をみせている。元ボリビア代表。

2019.05.09

★最新ニュースの一覧をチェックしたい方はこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。