Campeonato Brasileiro Serie A ブラジル全国選手権 1部

終始攻め続けたフラメンゴがガブリエウ・バルボーザの2ゴールで勝利を収めて4位に浮上

カンピオナート・ブラジレイロ 2019 第7節 フラメンゴ 2-0 フォルタレーザ
▲ ゴールを決めたガブリエウ・バルボーザはコーナーフラッグをギターに見立ててのパフォーマンスを披露
6月1〜2日に行われたカンピオナート・ブラジレイロ 2019 の第7節。リオ・デ・ジャネイロ州の州都リオ・デ・ジャネイロで行われた「フラメンゴ×フォルタレーザ」は、“ガビゴウ”ことガブリエウ・バルボーザの2ゴールでフラメンゴが勝利を収めた。

立ち上がりから積極的に攻め込んで何度も決定機を演出したフラメンゴは、20分に左からのクロスをエベルトン・ヒベイロが左足で合わせたが、シュートは枠の外へ。21分にはカウンターで左サイドを駆け上がったガブリエウ・バルボーザが角度のないところから強引にシュートに持ち込めば、27分には再びカウンターからガブリエウ・バルボーザが今度はシュートでなく中央に折り返したが、ジエゴのダイレクトシュートはキーパーにキャッチされた。

フラメンゴは31分にジエゴが直接フリーキックでクロスバーを叩くと、セカンドボールをホドリーゴ・カイオがヘディングでゴールに押し込もうとしたが、こちらはキーパーのファインセーブによって阻まれた。それでも39分、ジエゴにボールを預けたウルグアイ代表MFジョルジアン・デ・アラスカエータがペナルティエリアへ駆け込むと、ジエゴ、エベルトン・ヒベイロとダイレクトパスで最終ラインの裏へ運んだボールを、アラスカエータがキーパーを引きつけて中央にパス。最後はガブリエウ・バルボーザが無人のゴールにボールを流し込んで、フラメンゴが先制した。

後半もフラメンゴのペースで、劣勢のフォルタレーザは53分に絶好のチャンスを作ったが、マルシーニョのヘディングシュートはキーパーのファインセーブに遭う。するとホジェーリオ・セニ監督は早めの選手交代に打って出たが、試合の流れを変えるまでには至らなかった。

何度もチャンスを作ったフラメンゴは、67分にアラスカエータのスルーパスでキーパーと1対1になったガブリエウ・バルボーザが左足でシュートを決めた。ゴールの瞬間は線審の旗が上がってオフサイドと思われたが、VARシステムによる確認の結果、オフサイドでなかったことが判明して、ガビゴウのゴールが認められた。

試合後のインタビューで、2ゴールを決めたガブリエウ・バルボーザは「エベルトン・ヒベイロ、ジエゴ、アラスカエータといったファンタジスタと同じチームでサッカーができるのは、センターフォワードとしてこれ以上ないほどの贅沢だ。今日はとくに良い試合だった」と回顧。そしてアシストを記録したアラスカエータは「我々にとって非常に重要な試合だった。素晴らしい内容だったし、今日はチーム全員が幸せを感じているよ」とコメントした。

勝ったフラメンゴは4位に浮上。一方、フォルタレーザは14位に留まっている。

カンピオナート・ブラジレイロ 2019 第7節 (2019/06/01)
フラメンゴ 2-0 フォルタレーザ
ジエゴ・アウベス GK マルセーロ・ボエッキ
パラ
レオ・ドゥアルチ
ホドリーゴ・カイオ
ミゲル・トラウコ
DF ガブリエウ・ジアス
ファン・キンテーロ
ホージェル・カルバーリョ
ブルーノ・メロ
グスターボ・クエージャル
(ロベール・ピリス・ダ・モッタ)
ウィリアン・アロン
エベルトン・ヒベイロ
(ビチーニョ)
ジエゴ
(オルランド・ベリーオ)
ジョルジアン・デ・アラスカエータ
MF パウロ・ホベルト
(ドド)
ジュニーニョ
ホマリーニョ
マルシーニョ
(マルロン)
ガブリエウ・バルボーザ FW アンドレ・ルイス
(オズバウド)
キエーザ
ガブリエウ・バルボーザ 39
ガブリエウ・バルボーザ 67
ゴール
レオ・ドゥアルチ イエロー
カード
マルセーロ・サレス 監督 ホジェーリオ・セニ
主審: ホドリーゴ・ダロンソ・フェヘイラ
会場: エスタジオ・ド・エンジェニョン (リオ・デ・ジャネイロ)
2019.06.01

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。