Campeonato Brasileiro Serie A ブラジル全国選手権 1部

前半の終了間際に2ゴールを奪ったバスコがインテルナシオナウを破って今季初勝利を挙げる

カンピオナート・ブラジレイロ 2019 第8節 バスコ・ダ・ガマ 2-1 インテルナシオナウ
▲ 43分に先制のゴールを決めたアンドレイ(左)に背後から笑顔で抱きつくマルコス・ジュニオール(右)
6月7〜10日に行われたカンピオナート・ブラジレイロ 2019 の第8節。リオ・デ・ジャネイロ州の州都リオ・デ・ジャネイロで行われた「バスコ・ダ・ガマ×インテルナシオナウ」は、バスコがリードを守りきって勝利を収めた。

元ブラジル代表監督のバンデルレイ・ルシェンブルゴ氏を5月に招聘していながら、今季未勝利で最下位に低迷しているバスコは、立ち上がりから積極的な攻撃を展開。対するインテルナシオナウは37分、元U-20ウルグアイ代表FWニコラス・ロペスが得意の左足でシュートに持ち込んだが、枠を捕らえたボールはキーパーに阻まれた。

バスコの先制点は43分で、右からのクロスは相手にクリアされたが、セカンドボールをアンドレイがペナルティアークから左足でゴールに沈めた。続けて前半のアディショナルタイムには、ダニーロ・バルセロスのフリーキックがポストに当たると、跳ね返ったボールをチアゴ・ヘイスが頭でゴールに押し込み 2-0 とした。

パオロ・ゲレーロもダレッサンドロもいないインテルナシオナウは、後半になると開始から前がかりに攻め込んでいく。すると55分、エメルソン・サントスがペナルティエリアで後方に下がりながら左足でゴール右隅にシュートを決めて、1点を返した。

追いつきたいインテルナシオナウは66分にビクトル・クエスタのアーリークロスにウルグアイ人FWジョナタン・アウベスが右足で合わせてゴールに流し込んだが、オフサイドによりノーゴールに。68分にはノナートが枠内にミドルシュートを放ったが、こちらはキーパーのファインセーブに遭った。

インテルナシオナウは後半のアディショナルタイムに苛立ちから主審にクレームをつけたことでハファエウ・ソービスら2人にイエローカードが出るなどで、追加点は奪えなかった。

バスコは今季初勝利で最下位を脱出した一方、インテルナシオナウは上位進出に足踏みとなった。

カンピオナート・ブラジレイロ 2019 第8節 (2019/06/08)
バスコ・ダ・ガマ 2-1 インテルナシオナウ
フェルナンド・ミゲウ GK マルセーロ・ロンバ
イアゴ・ピカシュウ
オスバルド・エンリケス
ヒカルド
ダニーロ・バルセロス
DF ゼッカ
エメルソン・サントス
ビクトル・クエスタ
ウエンデウ
アンドレイ
(フェリッピ・バストス)
ハウー
マルコス・ジュニオール
MF ホドリーゴ・リンドーゾ
エデニウソン
(パトリッキ)
ノナート
ホッシ
(ブルーノ・セーザル)
チアゴ・ヘイス
(ジャイリーニョ)
マホーニ
FW ニコラス・ロペス
(マルティン・サラフィオーレ)
ハファエウ・ソービス
ギリェルミ・パレージ
(ジョナタン・アウベス)
アンドレイ 43
チアゴ・ヘイス 45+2
ゴール 55 エメルソン・サントス
イエロー
カード
ハファエウ・ソービス
エメルソン・サントス
バンデルレイ・ルシェンブルゴ 監督 オダイール・エウマン
主審: エーベル・ホベルト・ロペス
会場: エスタジオ・サン・ジャヌアーリオ (リオ・デ・ジャネイロ)
2019.06.08

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。