Campeonato Brasileiro Serie A ブラジル全国選手権 1部

ブラジレイロンでは昨年7月を最後に負けていないパウメイラス ここも堅実に勝って首位を堅守

カンピオナート・ブラジレイロ 2019 第8節 パウメイラス 1-0 アトレチコ・パラナエンセ
▲ 37分にニコン(左)の足がGKウェベルトンの顔面を蹴ったとされた瞬間
6月8〜10日に行われたカンピオナート・ブラジレイロ 2019 の第8節。サンパウロ州の州都サンパウロで行われた「パウメイラス×アトレチコ・パラナエンセ」は、パウメイラスが接戦を制した。

5分にドゥドゥのシュートで攻撃の口火を切ったパウメイラスに対し、アトレチコ・パラナエンセは12分にニコンが左足で直接フリーキックを放ち反撃。ニコンは32分にもペナルティエリアの端から左足で枠内シュートを打って、相手ゴールを脅かした。

アトレチコ・パラナエンセは37分にボールをキャッチしたウェベルトンの顔面にニコンが蹴りを入れたとして一旦はレッドカードが出されたが、VARシステムによる映像確認の結果、ニコンの蹴りに退場処分相当の悪意はないとして、主審はイエローカードに切り替えた。

▲ 79分に先制のPKを決めて喜ぶハファエウ・ベイガ
後半、パウメイラスは開始からモイゼスを投入してより攻撃的な布陣にシフトした。すると53分には、ドゥドゥが右サイドから上げた低いクロスをデイベルソンがスルーして、ファーサイドからゴールエリアに飛び込んだゼ・ハファエウがジャンピングボレーシュートで合わせた。だが、この場面ではゼ・ハファエウのシュートが枠を捕らえられず。59分には、自陣からのロングフィードでペナルティエリアに入ったデイベルソンが右足を振り抜いたが、シュートはキーパーが正面で弾き返した。

主導権はパウメイラスにあり、多彩な攻撃で相手ゴールに襲いかかった。すると77分、ドゥドゥがペナルティエリアでボールをトラップしたところでマルシオ・アゼベードのチャージを受けて転倒。このファウルで得たPKを、途中出場のハファエウ・ベイガが決めて先制。そしてこのゴールが決勝点となった。

カンピオナート・ブラジレイロ 2019 第8節 (2019/06/08)
パウメイラス 1-0 アトレチコ・パラナエンセ
ウェベルトン GK サントス
マルコス・ホッシャ
アントニオ・カルロス
エドゥ・ドラセーナ
ジオゴ・バルボーザ
DF マジソン
パウロ・アンドレ
(ブルーノ・ナザーリオ)
レオ・ペレイラ
(ルーカス・アウテル)
マルシオ・アゼベード
フェリッピ・メロ
(チアゴ・サントス)
ブルーノ・エンリーキ
(モイゼス)
ルーカス・リーマ
(ハファエウ・ベイガ)
MF ウェウリントン
レオ・シッタジーニ
ブルーノ・ギマリャイス
ゼ・ハファエウ
デイベルソン
ドゥドゥ
FW ニコン
トニー・アンデルソン
(マルセーロ・シリーノ)
ホニ
(PK) ハファエウ・ベイガ 79 ゴール
フェリッピ・メロ
ゼ・ハファエウ
イエロー
カード
レオ・ペレイラ
ウェベルトン
ニコン
マルシオ・アゼベード
ルイス・フェリッピ・スコラーリ 監督 チアゴ・ヌーニス
主審: ホドリーゴ・ダロンソ・フェヘイラ
会場: アレーナ・パウメイラス (サンパウロ)
2019.06.08

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。