Friendly Match 親善試合

ペルーは地元での壮行試合で不安を露呈 快勝したコロンビアは良い雰囲気でアルゼンチン戦へ

国際親善試合 ペルー 0-3 コロンビア
▲ この試合で2ゴールを決めたマテウス・ウリーベ(中央)に抱きついて祝福するファン・ギジェルモ・グアドラード(左)とファルカオ(右)
6月9日に行われた国際親善試合。ペルーの首都リマで行われた「ペルー vs コロンビア」は、コロンビアが快勝した。

ペルーは開始3分にファン・ギジェルモ・グアドラードからボールを奪い取ったジョシマール・ジョトゥンが前進してシュートを打ち、攻撃の口火を切ると、10分にはロングシュートで攻撃のリズムを作った。

対するコロンビアは16分、20分とフィニッシュに持ち込むと、22分にはハメス・ロドリゲスがペナルティエリアの右側から得意の左足でシュート。ボールはサイドネットを揺らすに留まったが、コロンビアは直後の23分に先制。ペナルティエリアで粘ったルイス・フェルナンド・ムリエルが腰を落としながらもハメス・ロドリゲスにパスを出すと、ハメスはエンドライン付近でクロスを上げて、マテウス・ウリーベのゴールをお膳立てした。この場面で線審は旗を上げてハメス・ロドリゲスのオフサイドと判断したが、主審がハメスへのパスが味方でなくミゲル・アラウーホのクリアだったとジャッジして、ハメス・ロドリゲスのオフサイドはなかったとみなした。先制点を喜ぶコロンビア代表選手を尻目に、ペルー代表のイレブンは主審を取り囲んで抗議したが、コロンビアの先制点は無効にならなかった。

後半、ペルーはジョシマール・ジョトゥンが55分にレッドカードをもらってしまい、数的不利に陥った。

コロンビアは64分にステファン・メディーナが右サイドで左足に持ち替えたボールをゴール前に送ると、マテウス・ウリーベが頭でゴールに沈めて 2-0 とした。さらに後半のアディショナルタイムには、ロヘル・マルティネスがペナルティエリアを前進してキーパーを引きつけると、中央に折り返してドゥバン・サパタのゴールをアシストした。

ペルーは地元での壮行試合でゲレーロとクエバをスタメンで起用しながら、作れた見せ場は少なく、コパ・アメリカ本番に向けて課題を残した。一方、快勝したコロンビアは攻撃の連携も優れていて、良い雰囲気でアルゼンチン戦を迎えられそうだ。

国際親善試合 (2019/06/09)
ペルー 0-3 コロンビア
ペドロ・ガレーセ GK ダビ・オスピーナ
ルイス・アドビンクラ
(アルド・コルソ)
ミゲル・アラウーホ
ルイス・アブラン
ミゲル・トラウコ
DF ステファン・メディーナ
(サンティアゴ・アリアス)
ダビンソン・サンチェス
ジェリ・ミーナ
ウィリアン・テシージョ
レナート・タピア
(ヘスス・プレーテル)
ジョシマール・ジョトゥン
アンドレ・カリージョ
(ラウール・ルイディアス)
クリスティアン・クエバ
(アンディ・ポロ)
クリストファー・ゴンサーレス
MF グスターボ・クエージャル
(ウィルマール・バリオス)
ファン・ギジェルモ・グアドラード
(エドウィン・カルドーナ)
マテウス・ウリーベ
パオロ・ゲレーロ
(パオロ・ウルタード)
FW ハメス・ロドリゲス
(ルイス・ディアス)
ラダメル・ファルカオ・ガルシア
(ドゥバン・サパタ)
ルイス・フェルナンド・ムリエル
(ロヘル・マルティネス)
ゴール 23 マテウス・ウリーベ
64 マテウス・ウリーベ
90+3 ドゥバン・サパタ
ルイス・アドビンクラ
クリストファー・ゴンサーレス
イエロー
カード
ファン・ギジェルモ・グアドラード
ダビンソン・サンチェス
ロヘル・マルティネス
マテウス・ウリーベ
ジョシマール・ジョトゥン レッド
カード
リカルド・ガレカ 監督 カルロス・ケイロス
主審: クリスティアン・フェレイラ (ウルグアイ)
会場: エスタディオ・モヌメンタル (リマ)
2019.06.09

★コパ・アメリカ 2019 ブラジル大会の順位表や結果などをチェックしたい方はこちら。

★コパ・アメリカ・センテナリオ 2016 U.S.A.大会の順位表や結果などをチェックしたい方はこちら。

★コパ・アメリカ 2015 チリ大会の順位表や結果などをチェックしたい方はこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。