Copa America 2019 コパ・アメリカ 2019

チリの3連覇を明確に否定した指揮官の自虐節 「3連覇はない。優勝候補筆頭はウルグアイだ」

チリ代表のレイナルド・ルエーダ監督が記者会見で述べた優勝予想と日本戦に向けて
▲ 日本戦を前に記者会見を開いたチリ代表のレイナルド・ルエーダ監督
17日(日本時間では18日)に日本戦に臨むチリ代表。チームを率いるレイナルド・ルエーダ監督は、記者会見で今大会の優勝について明確に否定した。

「チリのコパ・アメリカ3連覇? ない。そんなに甘い大会ではないし、私が考える優勝候補筆頭はウルグアイだ。13年前から同じ監督の下で一貫した戦い方をキープしている南米唯一の国で、そこが他の国にはないウルグアイの強みだと思っている」

▼ 現在のチーム事情
「負傷やそれぞれの契約上の問題などで、代表チームとして選手が揃ったのは遅かった。1ヶ月前から代表に来られる選手もいれば、メキシコのリーガMXなど直前までクラブチームに拘束されていた選手もいたから。ただ、それはどの国も同じだし、我々は戦術重視で今大会に挑むつもりだ。チームとしては日々良くなっている」

▼ チリ代表の布陣や戦術
「我々は異なる3パターンを用意している。結果が伴うには、相手に応じて最適な判断をすることだ。それが私の仕事」

▼ アレクシス・サンチェスについて
「私は今日、アレクシスと話した。彼が全試合に出場するかどうかはともかく、彼のセンスと経験は間違いなく必要だ」

▼ 日本代表への見解
「日本は手を抜かずに力を出し切る国民性で、戦術や規律の重視する、精神的にも強いチームだ。彼らに勝つには、我々も精神的に強くなければならないだろう」

◆ レイナルド・ルエーダ

本名:
レイナルド・ルエーダ・リベーラ
生年月日:
1957年4月16日生まれ(62歳)
出身:
コロンビア(カリ)
身長:
173cm

ドイツ体育大学ケルンに入学して、ドイツ語と体育学位を習得。その後コロンビアの学校などで大学教授にもなった。コロンビア国内のクラブチームをいくつか指揮したのち、2000年にU-21コロンビア代表監督に就任した。。一時期は、日本代表の新監督候補にも名前が挙がったことのある人物。

2019.06.16

★コパ・アメリカ 2019 ブラジル大会の順位表や結果などをチェックしたい方はこちら。

★コパ・アメリカ・センテナリオ 2016 U.S.A.大会の順位表や結果などをチェックしたい方はこちら。

★コパ・アメリカ 2015 チリ大会の順位表や結果などをチェックしたい方はこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。