Copa do Brasil 2019 コパ・ド・ブラジウ 2019

メッシに次ぐタイトルコレクター “ルチョ”はアトレチコ・パラナエンセだけでも5度目の戴冠

アトレチコ・パラナエンセでコパ・ド・ブラジウ初優勝を果たした”ルチョ”こと元アルゼンチン代表MFルイス・ゴンサーレスの現在
▲ コパ・ド・ブラジウ初優勝を受けてトロフィーを掲げる”ルチョ”こと元アルゼンチン代表MFルイス・ゴンサーレス(中央)
38歳の”ルチョ”こと元アルゼンチン代表MFルイス・ゴンサーレスは、タイトルとの縁が深い選手だ。18日にコパ・ド・ブラジウで優勝したことで、リオネル・メッシに次ぐタイトル獲得数を誇る現役のアルゼンチン人選手として今なお現役を続けている。

ルチョは、デビューしたウラカンで2000年にアルゼンチン国内の2部リーグ優勝を果たすと、以降リーベル・プレート、FCポルト(ポルトガル)、マルセイユ(フランス)と行く先々でチームの優勝に何度も貢献してきた。2014年から2年弱在籍したアル-ライヤン(カタール)ではタイトルを獲れなかったが、2016年に加入したアトレチコ・パラナエンセでは州選手権やカップ戦などの優勝に貢献していて、今回優勝したコパ・ド・ブラジウはルチョにとってアトレチコ・パラナエンセでの5つめのタイトルとなった。

ルチョは、チームがタイトルを獲ることについて高い志を抱いている。
「コパ・ド・ブラジウを優勝できて、私の中でアトレチコ・パラナエンセへの愛情はより強く大きなものになった。クラブの歴史に名を刻み、優勝に貢献できている事実は、非常に特別なものだ。昨年はスダメリカーナを優勝できたし、先月は日本でのカップ戦(旧スルガ銀行チャンピオンシップ)も獲れた。言葉にならないほど嬉しいね」

「タイトルコレクター」の異名も付くほどのルチョの、優勝への熱意は多くの選手が学ぶべきところであろう。ルチョは39歳になる来年も現役続行の意志があるという。

◆ ルイス・ゴンサーレス

本名:
ルイス・オスカル・ゴンサーレス
生年月日:
1981年1月19日生まれ(38歳)
出身:
アルゼンチン(首都ブエノスアイレス)
身長:
188cm
ポジション:
ミッドフィルダー

14歳でウラカンの下部組織に入団して、1999年に18歳でトップチームに昇格。2002年にはリーベル・プレートに移籍して、ハビエル・マスチェラーノらとともに頭角を現すと、アルゼンチン代表にも招集されるようになった。2005年にFCポルト(ポルトガル)へ渡ると、2009年からはオランピック・ドゥ・マルセイユ(フランス)でも活躍。2014年にカタールに活躍の場を移し、2016年からはアトレチコ・パラナエンセ(ブラジル)で選手生活を送っている。愛称は「ルチョ」。

2019.09.18

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。