Campeonato Brasileiro Serie A ブラジル全国選手権 1部

フラメンゴが連勝を8に伸ばして首位快走 インテルナシオナウは前半に退場者を二人出して終戦

カンピオナート・ブラジレイロ 2019 第21節 フラメンゴ 3-1 インテルナシオナウ
▲ 19分に先制のPKを決めた“ガビゴウ”ことブラジル代表FWガブリエウ・バルボーザ
9月25〜26日に行われたカンピオナート・ブラジレイロ 2019 の第21節。リオ・デ・ジャネイロ州の州都リオ・デ・ジャネイロで行われた「フラメンゴ×インテルナシオナウ」は、フラメンゴが快勝した。

ペルー代表FWパオロ・ゲレーロにとっては古巣対決となったこの一戦は、立ち上がりからフラメンゴが積極的な攻撃を展開。すると、16分にスルーパスで最終ラインの裏へ抜け出したブラジル代表FWガブリエウ・バルボーザが飛び出したキーパーを抜き去ってシュートを打ったが、追いかけて転倒したブルーノが体を張ってゴールを守った。だが、キーパーを抜いた直後のガブリエウ・バルボーザをブルーノが両手で掴んだことと、倒れた際にガブリエウ・バルボーザのシュートを腕に当てて止めたとして、主審はブルーノにレッドカードを突きつけてフラメンゴにPKを与えた。このPKをガブリエウ・バルボーザが決めて、フラメンゴが先制した。

数的不利に陥ったインテルナシオナウは37分にパオロ・ゲレーロがペナルティエリアでシュートモーションに入ったところで背後からホドリーゴ・カイオに体を掴まれてシュートを妨害されるも、主審はホドリーゴ・カイオのファウルをとらず流した。するとその5分後にゲレーロは、背後から強引にヘディングでクリアしたホドリーゴ・カイオの頭と目尻がぶつかって流血するハプニングに見舞われた。その上、ホドリーゴ・カイオにおとがめ無しの主審に苛立ちを募らせたゲレーロは、主審への暴言でレッドカードを出されてしまい、インテルナシオナウは二人少ない苦境に陥った。

後半、インテルナシオナウは立ち上がりの48分にエデニウソンがペナルティアークから左足でシュートを決めて、同点にする。しかしフラメンゴは、55分にハフィーニャのクロスをウルグアイ代表MFジョルジアン・デ・アラスカエータがヘディングでゴールに押し込み、再び勝ち越しに成功。さらに何度もチャンスメイクしたフラメンゴは、74分にハフィーニャのクロスをアラスカエータが左足ボレーで折り返し、最後はブルーノ・エンリーキが右足でゴールに沈めて 3-1 とした。

勝ったフラメンゴは連勝を8に伸ばして首位を快走。一方、敗れたインテルナシオナウは暫定4位。

カンピオナート・ブラジレイロ 2019 第21節 (2019/09/25)
フラメンゴ 3-1 インテルナシオナウ
ジエゴ・アウベス GK マルセーロ・ロンバ
ハフィーニャ
ホドリーゴ・カイオ
パブロ・マリ
フィリッピ・ルイス
DF ブルーノ
ホドリーゴ・モレード
(クラウス)
ビクトル・クエスタ
ウエンデウ
ウィリアン・アロン
(ヘイニエル)
ジェルソン
ジョルジアン・デ・アラスカエータ
(ビチーニョ)
MF ホドリーゴ・リンドーゾ
エデニウソン
ノナート
(ギリェルミ・パレージ)
パトリッキ
ニコラス・ロペス
(ゼッカ)
エベルトン・ヒベイロ
ガブリエウ・バルボーザ
(オルランド・ベリーオ)
ブルーノ・エンリーキ
FW パオロ・ゲレーロ
(PK) ガブリエウ・バルボーザ 19
ジョルジアン・デ・アラスカエータ 55
ブルーノ・エンリーキ 74
ゴール 48 エデニウソン
ウィリアン・アロン イエロー
カード
エデニウソン
レッド
カード
ブルーノ
パオロ・ゲレーロ
ジョルジ・ジェズス 監督 オダイール・エウマン
主審: ルイス・フラービオ・ジ・オリベイラ
会場: エスタジオ・ド・マラカナン (リオ・デ・ジャネイロ)
2019.09.25

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。