Campeonato Brasileiro Serie A ブラジル全国選手権 1部

湘南ベルマーレにも勝ったコパ・ド・ブラジウ王者を敵地で撃破 フラメンゴは首位独走態勢をキープ

カンピオナート・ブラジレイロ 2019 第25節 アトレチコ・パラナエンセ 0-2 フラメンゴ
▲ 90分にトドメのゴールを決めて飛び上がるブラジル代表FWブルーノ・エンリーキ(左)
10月12〜13日に行われたカンピオナート・ブラジレイロ 2019 の第25節。パラナー州の州都クリチーバで行われた「アトレチコ・パラナエンセ×フラメンゴ」は、フラメンゴが敵地で勝利を収めた。

フラメンゴは8分に相手のパスミスに乗じてウィリアン・アロンがロングシュートを打ったが、ゴール左隅を捕らえていたボールはキーパーがキャッチ。その直後にはビチーニョが左足でミドルシュートを打ったが、ボールはファーサイドへ流れた。17分にはルーカス・シウバがペナルティエリアでレオ・ペレイラと交錯して倒れ、一旦は主審がPKを指示したが、VARチェックでレオ・ペレイラにファウルはなかったと判断して、フラメンゴのPKを取り消した。

一方、8月に神奈川県平塚市で湘南ベルマーレに快勝したアトレチコ・パラナエンセは29分にコーナーキックにチアゴ・エレーノが頭で合わせたが、枠を捕らえたボールは元バレンシアのGKジエゴ・アウベスが右手を伸ばしてボールを外へ掻き出した。

40分に右サイドからのクロスに合わせたブルーノ・エンリーキのジャンピングボレーシュートで決定機を演出したフラメンゴは、44分に先制。相手キーパーが最終ラインに出したパスをインターセプトしたブルーノ・エンリーキが、キーパーと対峙してすぐ右足でゴールネットにボールを突き刺した。

後半、アトレチコ・パラナエンセは立ち上がりにウィリアン・アロンからボールを奪い取ったトニー・アンデルソンが、キーパーと1対1になって左足を振り抜いたが、シュートはキーパーが身を挺して弾いた。58分にはレオ・ペレイラがペナルティエリアの左側で左足を振り抜いたが、ボールはサイドネットを揺らすに留まった。

一方、リードを保ったフラメンゴは77分にブルーノ・エンリーキが右足でシュートを打つと、試合終了間際に追加点を奪った。90分、ショートコーナーで左サイドからペナルティエリアに入ったヘネがグラウンダーのクロスを上げると、ブルーノ・エンリーキが左足で合わせたシュートが自身の軸足にも当たってコースが変わり、キーパーの脇をすり抜けてゴールに吸い込まれた。

勝ったフラメンゴは、2位パウメイラスとの勝ち点差8をキープして首位独走態勢を継続している。

カンピオナート・ブラジレイロ 2019 第25節 (2019/10/13)
アトレチコ・パラナエンセ 0-2 フラメンゴ
レオ GK ジエゴ・アウベス
マジソン
チアゴ・エレーノ
レオ・ペレイラ
マルシオ・アゼベード
(アドリアーノ)
DF ハフィーニャ
(ジョアン・ルーカス)
ホドウフォ
(トゥーレル)
パブロ・マリ
ヘネ
ウェウリントン
ルイス・ゴンサーレス
(マルコ・ルベン)
レオ・シッタジーニ
MF ウィリアン・アロン
ジェルソン
エベルトン・ヒベイロ
マルセーロ・シリーノ
(エベルトン・フェリッピ)
トニー・アンデルソン
ホニ
FW ルーカス・シウバ
(ロベール・ピリス・ダ・モッタ)
ブルーノ・エンリーキ
ビチーニョ
ゴール 44 ブルーノ・エンリーキ
90 ブルーノ・エンリーキ
レオ・シッタジーニ
チアゴ・エレーノ
イエロー
カード
エベルトン・ヒベイロ
ヘネ
トゥーレル
ブルーノ・エンリーキ
ビチーニョ
チアゴ・ヌーニス 監督 ジョルジ・ジェズス
主審: ブラウリオ・ダ・シウバ・マシャード
会場: アレーナ・ダ・バイシャーダ (クリチーバ)
2019.10.13

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。