Campeonato Brasileiro Serie A ブラジル全国選手権 1部

バスコがホームで競り勝って残留決定 敗れたクルゼイロに忍び寄るセリエB降格の悪夢…

カンピオナート・ブラジレイロ 2019 第36節 バスコ・ダ・ガマ 1-0 クルゼイロ
▲ 勝利を喜ぶバスコのイレブンと、残留争いが厳しくなって肩を落とすクルゼイロのイレブンとのコントラスト
11月30日〜12月2日に行われたカンピオナート・ブラジレイロ 2019 の第36節。リオ・デ・ジャネイロ州の州都リオ・デ・ジャネイロで行われた「バスコ・ダ・ガマ×クルゼイロ」は、バスコがリードを守りきって勝利を収めた。

月曜日の20時キックオフにも関わらず、サン・ジャヌアーリオのスタンドには大勢のバスカイーノ(バスコのサポーター)が詰めかけた。試合前の時点では残留を決めていないバスコは、引き分け以上で残留が決まる状況。そして敵地に乗り込んだクルゼイロは、降格圏脱出のために勝ち点3が欲しい重要な一戦だった。

バスコは4分にスルーパスをペナルティアーク付近でトラップしたホッシが背後から押し倒されたが、主審はVARチェックを経てもバスコにPKを与えなかった。それでおも9分、センターライン付近でボールを奪い取ったアンドレイがカウンターに転じてペナルティアークの手前まで上がると、右にパスを出して元コロンビア代表MFフレディ・グアリンが右足を振り抜き、ゴールに流し込み先制した。

▲ 試合後に溢れる涙をぬぐいながらピッチを去るコロンビア代表DFルイス・マヌエル・オレフエーラ
バスコは25分に前線へのフィードでペナルティエリアに入ったマホーニが、背後にいたカカと足を交錯させて転倒。主審は一旦PKを指示したが、VARチェックを経てファウルはないとしてPKを取り消した。

後半、クルゼイロは開始から元ブラジル代表FWフレッジら二人を投入して臨んだが、59分に左からのクロスに合わせたフレッジのヘディングシュートはキーパーによって弾き出されてしまう。残留のためにどうにかして勝ち点を得たいクルゼイロは、85分にゴール前でキープしたフレッジのパスで絶好のチャンスを作ったが、マルキーニョス・ガブリエウが右足で合わせたシュートはキーパーを避けたがゴールをも避けてファーサイドへ流れてしまった。

タイムアップの笛が鳴ると、残留を祝って合唱するスタンドのバスカイーノとは対照的に、クルゼイロのイレブンは落胆して続々とロッカールームへと消えていく。フレッジはマイクを向けられてもうつむいたまま応じずに過ぎ去ると、24歳のコロンビア代表DFルイス・マヌエル・オレフエーラは悔し涙をこらえきれず、泣きながらテレビクルーのインタビューにも無言でピッチを後にした。

カンピオナート・ブラジレイロ 2019 第36節 (2019/12/02)
バスコ・ダ・ガマ 1-0 クルゼイロ
フェルナンド・ミゲウ GK ファービオ
イアゴ・ピカシュウ
オスワルド・エンリケス
レアンドロ・カスタン
エンリーキ
DF ルイス・マヌエル・オレフエーラ
カカ
レオ
エジージオ
ヒシャルジ
(フェリッピ・バストス)
フレディ・グアリン
アンドレイ
MF エンリーキ
アリエル・カブラル
エデルソン
(フレッジ)
ホッシ
ヒバマール
(チアゴ・ヘイス)
マホーニ
(ブルーノ・ゴメス)
FW ペドロ・ホッシャ
(エゼキエウ)
ジョエウ
(マルキーニョス・ガブリエウ)
デイビッジ
フレディ・グアリン 09 ゴール
フレディ・グアリン
ヒシャルジ
ホッシ
イエロー
カード
エデルソン
マルキーニョス・ガブリエウ
フレッジ
バンデルレイ・ルシェンブルゴ 監督 アジウソン・バチスタ
主審: ウィウトン・ペレイラ・サンパイオ
会場: エスタジオ・サン・ジャヌアーリオ (リオ・デ・ジャネイロ)
2019.12.02

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。