Campeonato Brasileiro Serie A ブラジル全国選手権 1部

アレックスが通算400ゴール 三浦知良の古巣コリチーバが首位に浮上

ブラジル全国選手権 第4節 コリチーバ 2-1 フルミネンセ
▲ 前年王者フルミネンセを迎えてホームで勝ち点3を獲得したコリチーバ
6月5〜6日に行われたブラジル全国選手権の第4節。パラナー州の州都クリチーバで行われた「コリチーバ×フルミネンセ」は、1989年に三浦知良選手が活躍したことでも知られるコリチーバが接戦を制した。

開始3分に右サイドからビクトル・フェーハスがアレックスに出したパスが、主審の足に当たってフルミネンセのボールになったことに対してアレックスが主審に文句を言う場面が見られたこの試合。主役はアレックスだった。前半10分にアレックスがフリーキックで直接ゴールを狙うと、16分にアレックスのスルーパスでコリチーバが先制した。左サイドから最終ラインの裏へ転がしたボールに、ホビーニョが右足で軽く合わせてゴールネットを揺らした。

フルミネンセは22分、右コーナーキックをカルリーニョスが頭で合わせてゴールにねじ込んで同点とした。フルミネンセは同点に追いついてから息を吹き返したかのように複数回チャンスメイクしたが、前半を 1-1 で折り返した。

▲ 87分に豪快なミドルシュートを左足で決めたアレックス
後半はフルミネンセに決定的な場面が多く見られたが、61分にカルリーニョスが打ったシュートも、78分にカウンターからハファエウ・ソービスが放ったシュートも枠を捕らえきれず、フルミネンセは逆転の機会を逸してしまう。すると終了間際にコリチーバが勝ち越しに成功した。
87分、中盤で味方のパスを受けたアレックスがドリブルで中央へ切れ込むと、左足で放ったミドルシュートがゴールネットに突き刺さった。ボールの飛んだコースはゴールの中央だったが、鋭く伸びた弾道にGKヒカルド・ベルナはボールに触ることができなかった。

チームに勝利をもたらしたこのゴールは、アレックスのキャリアにおける通算400点目のゴールでもある。10年前にクルゼイロの中心選手として活躍し、勝ち点100の大差でブラジレイロンを優勝した原動力としても高く評価されたアレックス。欧州移籍を経て母国に戻りベテランと呼ばれる現在も、その輝きは何一つ失われてはいない。

ブラジル全国選手権 2013 第4節 (2013/06/06)
コリチーバ 2-1 フルミネンセ
バンデルレイ GK ヒカルド・ベルナ
ビクトル・フェーハス
レアンドロ・アウメイダ
シコ
ジオーゴ
DF ウェウリントン・シウバ
グン
ジゴン
カルリーニョス
ジュニオール・ウルソ
(エベルトン・コスタ)
ジウ
(ダリオ・ボッティネッリ)
ハフィーニャ
アレックス
MF エジーニョ
(フェリッピ)
ジギーニョ
ワギネル
ホビーニョ
(ウィリアン)
デイビッジ
FW ハイネル
(ビロ・ビーロ)
サムエウ
(チアゴ・ネービス)
ハファエウ・ソービス
ホビーニョ 16
アレックス 87
ゴール 22 カルリーニョス
ホビーニョ
ダリオ・ボッティネッリ
イエロー
カード
ジギーニョ
サムエウ
マルキーニョス・サントス 監督 アベウ・ブラーガ
主審: エウモ・アウベス・ヘゼンジ・クーニャ
会場: エスタジオ・コウト・ペレイラ (クリチーバ)
2013.06.06

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。