Selección Nacional de Perúペルー代表

フリオ・セサル・バレーリオ氏が心不全で他界

ウルグアイとペルーの国籍を持つフリオ・バレーリオ氏が55歳の若さで死去
▲ ウルグアイとペルーの国籍を持っていたフリオ・セサル・バレーリオ氏
1980年代後半にボカ、ラシンなどで活躍した元守護神のフリオ・セサル・バレーリオ氏が6月24日、ウルグアイの首都モンテビデオの病院で死去した。55歳だった。

ウルグアイ出身のバレーリオ氏は1980年にプロキャリアをスタート。ゴールキーパーとして国内で活躍すると、その後ボカ、ラシンなど国外のクラブでも活躍した。1994年からはペルーのスポルティン・クリスタルに移籍。1996年にペルー国籍を取得すると、同年ペルー代表にも選出された。
1998年に現役を引退してからは、ウルグアイやペルーのクラブチームで監督業も全うしている。

▲ バレーリオ氏の逝去に沈痛な面持ちを浮かべるペルー代表のセルヒオ・マルカリアン監督
ウルグアイで生まれ、ウルグアイ(首都モンテビデオ)で死去したバレーリオ氏だが、同氏の逝去はペルー国内でも悲しみを以て報じられた。ペルー代表としてのキャリアを称え、同氏の早すぎる死を惜しむ記事が飛び交っている。

ペルー代表のセルヒオ・マルカリアン監督は「彼はペルー代表とスポルティン・クリスタルで素晴らしい活躍をした守護神であり、彼のプレイは今も鮮明に覚えている。サッカーを愛するすべてのペルー人は皆、彼の死を悼んでいるに違いない。55歳での死はあまりに早すぎるし、悲しい以外に表現のしようがない。バレーリオ氏のご冥福をお祈りします」と述べ、バレーリオ氏に哀悼の意を表した。

2013.06.25

★最新ニュースの一覧をチェックしたい方はこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。