Primera División de Argentinaアルゼンチン1部リーグ

リケルメ 「リベルタドーレスで勝ち残っていれば評価は180度違っていた」

ボカのファン・ロマン・リケルメが後期で最下位に沈んだことへの批判について反論
▲ 2013後期の最終節で敗れ、うなだれてピッチを去るファン・ロマン・リケルメ
アルゼンチンで最も多くのインチャ(ファン)がいる、首都ブエノスアイレスの名門ボカ・ジュニオルス。過去に何度もリベルタドーレスを制してトヨタカップ出場で来日しているため、日本のサッカーファンにとっても有名なクラブであるが、2013年の後期リーグ( Torneo Final )は最下位という屈辱の結果に終わった。

前期で勝ち点33の6位につけていたボカが、後期に低迷した最たる要因はリベルタドーレスだ。カルロス・ビアンチ監督を含めた首脳陣はリベルタドーレス最優先主義を掲げ、リベルタドーレスに限ってベストメンバーの布陣を組み、国内の試合ではことごとく主力を温存して試合に臨んでいた。見方によっては、国内リーグはさも消化試合であるかのようだった。結果、後期リーグでは「12試合連続で勝利なし」という不名誉な珍記録まで樹立。勝ち点は17に留まり、全日程を終了して最下位が決まった。

後期におけるふがいない結果に一部のインチャは激しい憤りを覚えており、一部メディアはボカの最下位低迷を揶揄する記事を発信している。だがファン・ロマン・リケルメは、そんな周囲の喧噪を牽制した。

「リベルタドーレスでは長いPK戦の末に敗退してしまったからね。これが我々の評価を大きく落としたものと推測できる。もしもニューウェルスとの戦いに勝利を収めてリベルタドーレスで勝ち残っていれば、インチャの声もメディアの評価も全く違ったものになっていただろう。後期で最下位に沈んでしまったのは自分でも予想外だったし、それに関してはインチャに申し訳ないとしか言いようがないけど」

リケルメは最終節の試合中、右膝に経度の捻挫を患い後半途中に退いている。同選手の容態を心配する声も挙がっているが、深刻なものではなくすでに通常の練習メニューを消化。負傷交代したことによる支障はとくにないという。

2013.06.27

★スーペルリーガ・アルヘンティーナの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。