Primera División de Argentinaアルゼンチン1部リーグ

コロンビア代表のテオフィロ・グティエレス 「リーベルに移籍したい」

リーベルへの加入を切望するコロンビア人テオフィロ・グティエレスの動向について
▲ リーベルへの移籍を切望しているコロンビア代表のテオフィロ・グティエレス
メキシコのクルス・アスルでプレイするコロンビア代表のテオフィロ・グティエレスが、アルゼンチンの名門リーベル・プレートへの移籍を望んでいることを公言した。だがこの件でクルス・アスルが要求した金額に対して、リーベル側が二の足を踏んでいるという。

現在28歳のテオフィロ・グティエレスはバランキージャ出身のコロンビア人で、2009年からはコロンビア代表の一員としても活躍。2012年からはメキシコで活躍しているが、同選手は2011年から約1年半プレイしていたアルゼンチンに戻りたい意志があるという。しかも希望する移籍先にリーベルの名を挙げている。同選手いわく、「リーベルのようなビッグクラブでプレイしたい」とのことだ。

だが感情的な性格の持ち主である彼は、アルゼンチン時代に所属したラシンとラヌースでしばしば問題を起こした。ラシン時代には対戦チームや審判に対する激しい抗議や侮辱行為によって罰金刑を科されたこともあった。わずか2ヵ月のレンタル移籍で加入したラヌースでは、虚偽の報告で勝手に帰国したことが判明して契約解除に追い込まれたこともあった。

そんなテオフィロ・グティエレスの素行を承知しているアルゼンチンサッカー界は、同選手のデランテーロ(ストライカー)としての能力は認めつつも気性面を敬遠する傾向にあるという。

リーベルを指揮するラモン・ディアス監督は「彼の得点力は魅力。ただ内面的な問題もさることながら、クルス・アスル側がその対価として約400万ドルを要求している点がネックだ」と述べ、金銭面での折り合いが難しい旨を明かしている。

一方、クルス・アスルのスポーツディレクターを務めるアグスティン・マンソ氏は、テオフィロ・グティエレスがリーベルに行きたがっていることを知りつつも、クラブの総意として同選手を手放すことは考えていないとのこと。
「我々は5人の外国人枠についてシーズン終了前から検討を重ねてきた。現時点では監督の構想から外れているアルゼンチン人MFニコラス・ベルトーロが放出の最有力候補。テオフィロはチームの戦力として計算されている」

2013.06.27

★スーペルリーガ・アルヘンティーナの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。