Recopa Sudamericana 2013レコパ・スダメリカーナ 2013

レコパ・スダメリカーナ仕様 チッチ監督がコリンチャンス新布陣をテスト

コリンチャンスのチッチ監督が新戦力を加えた新たな布陣を練習で公開
▲ 練習で汗を流すアレシャンドレ・パト
今年7月に行われるレコパ・スダメリカーナに向けて、コリンチャンスのチッチ監督が新戦力を加えた新たな布陣をテストしている。

レコパ・スダメリカーナとは、前年のコパ・リベルタドーレス王者とコパ・スダメリカーナ王者が対戦する国際大会で、原則ホーム&アウェイで行われる。今年は「コリンチャンス vs サンパウロ」の対戦カードで、7月3日と7月17日に行われる予定だ。

チッチ監督が練習で試した布陣のひとつめは、次のとおり。
GK: カッシオ(ワウテル)
DF: エデニウソン、シコン(フェリッピ)、ジウおよびファービオ・サントス
MF: ハウフィ(ギリェルミ(イブソン))、ホマリーニョ(ヘナット・アウグスト)、ダニーロ、エメルソン
FW: パオロ・ゲレーロ
4-2-3-1 だが、ゲレーロとダニーロ、ホマリーニョ、エメルソンの3人を蜜に連携させた攻撃のバリエーションをテストさせた。

2度目のテストでは、フェリッピと周囲の連携を確認。そしてブラジルではすっかりお馴染みの元チリ代表MFクラウディオ・マルドナードも中盤に加わった布陣が試された。
マルドナードはチリの強豪コロコロでキャリアをスタートさせたが、2000年以降はサンパウロ、クルゼイロ、サントスとブラジルのクラブでプレイ。トルコでプレイした時期もあったが、これまでのキャリアのほとんどをブラジルで過ごしている。
よほどブラジルの水が合うのだろうか。それとも2003年に勝ち点100で優勝したクルゼイロの主力として活躍した10年前の栄光が今もなお高い評価を得ているのか。元チリ代表のボランチを好意的に捉えるブラジル人は少なくない。

GK: ダニーロ・フェルナンデス(ジュリオ・セーザル)
DF: ウィリアン・アロン、フェリッピ(シコン)、ジョジネイ、イゴール
MF: クラウディオ・マルドナード、イブソン(ギリェルミ)、ヘナット・アウグスト(ホマリーニョ)、ドウグラス
FW: アレシャンドレ・パト、レオ(パウロ・ビクトル)

いずれも、コンフェデレーションズカップ出場のためパウリーニョが不在の中、中盤の構成に関して様々な試行錯誤がとられたことが推測できる。
なお、2度目のテストでスタメンに名を連ねたアレシャンドレ・パトの動きを地元メディアは高く評価したことも併せて報じられた。

ブラジル全国選手権との掛け持ち状態で両者ともに大変ではあるが、サンパウロとのクラシコを制してレコパの称号を手にすることができるか。コリンチャーノは言わずもがなチームの活躍を期待している。

2013.06.27

★最新ニュースの一覧をチェックしたい方はこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。