FIFA World Cup 2014 FIFAワールドカップ 2014 ブラジル大会 南米予選

1点差で勝ったエクアドルも惜敗したウルグアイも揃って5位以内が確定

FIFAワールドカップ南米予選 第17節 エクアドル 1-0 ウルグアイ
▲ チームを勝利に導く先制のゴールを決めたジェフェルソン・モンテーロ(中央)は試合後、肩車されて国民と喜びを共有した
2014年ブラジル大会の出場権を争うワールドカップ南米予選は、2013年10月11日に第17節が各地で行われた。エクアドルの首都キトで行われた「エクアドル×ウルグアイ」は、エクアドルが接戦を制した。

敗れれば5位に転落する瀬戸際のエクアドルと、勝てば4位に浮上できるウルグアイという予選突破を賭けた一戦は、ホームで主導権を握ったエクアドルが先制。30分、右サイドをドリブルで上がったアントニオ・バレンシアがGKムスレーラと最終ラインの間にグラウンダーのクロスを供給すると、ジェフェルソン・モンテーロが右足でゴールに押し込んだ。

スアーレスとカバーニの2トップで臨んでいたウルグアイは、65分にフォルランを投入して3トップに変更。すると攻撃に幅が出て、68分にはクリスティアン・ロドリゲスがGKドミンゲスのファインセーブを誘う鋭いシュートを打って相手ゴールを脅かした。

エクアドルは76分にゴールネットを揺らす。左サイドでつないだボールが中央に渡ると、クリスティアン・ノボアがペナルティアークの手前でシュートを打った。このシュートはGKムスレーラが阻んだが、ファンブルしたボールに反応したジョー・ロハがムスレーラをかわして無人のゴールにシュートを決めた。ところが線審はフラッグを上げてオフサイドをアピール。ノボアがボールを蹴った瞬間、ロハはオフサイドポジションにはなかったが、誤審によってエクアドルの追加点は取り消された。
それでも無失点で切り抜けたエクアドルが勝ち点3を獲得。順位を3位に押し上げて“5位以内”が確定し、予選突破に王手をかけた。

敗れたウルグアイは5位のままだが、6位以下の予選敗退が決まったため“5位以内”が確定。次の最終節でアルゼンチンを相手に勝利を収めれば、4位以内に滑り込む可能性もある。一方エクアドルが次の最終節で戦う相手は4位チリ。「チリ×エクアドル」は最終節の中で最も注目度の高い試合となる。

FIFAワールドカップ南米予選 第17節 (2013/10/11)
エクアドル 1-0 ウルグアイ
アレクサンデル・ドミンゲス GK フェルナンド・ムスレーラ
フリクソン・エラーソ
ホルヘ・グアグア
ワルテル・アジョビー
ファン・カルロス・パレーデス
DF ディエゴ・ルガーノ
ディエゴ・ゴディン
ホセ・ヒメーネス
ホルヘ・フシーレ
マキシミリアーノ・ペレイラ
(ディエゴ・フォルラン)
クリスティアン・ノボア
セグンド・カスティージョ
ジェフェルソン・モンテーロ
(レナート・イバーラ)
アントニオ・バレンシア
MF エヒーディオ・アレバロ
クリスティアン・ロドリゲス
(ガストン・ラミレス)
ワルテル・ガルガーノ
(アレハンドロ・シルバ)
フェリッペ・カイセード
エネル・バレンシア
(ジョー・ロハ)
(アレックス・ボラーニョス)
FW エディンソン・カバーニ
ルイス・スアーレス
ジェフェルソン・モンテーロ 30 ゴール
イエロー
カード
ディエゴ・ルガーノ
エヒーディオ・アレバロ
レイナルド・ルエーダ 監督 オスカル・タバーレス
主審: サンドロ・メイラ・ヒッチ (ブラジル)
会場: エスタディオ・アタウアールパ (キト)
2013.10.13

★ワールドカップ南米予選の試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。