Campeonato Brasileiro Serie A ブラジル全国選手権 1部

フルミネンセの逆転残留に便乗? バスコが狙う“どんでん返し”

2部降格の決定しているバスコ・ダ・ガマが奇跡の逆転残留を狙ってSTJDに提訴
▲ ブラジル全国選手権の最終節「アトレチコ・パラナエンセ vs バスコ・ダ・ガマ」の試合中にスタンドで暴動が発生して、アトレチコ・パラナエンセのサポーターが一部のバスカーノを集団でリンチしている場面
規則違反が発覚した結果ポルトゥゲーザの2部降格が決まり、それに伴いフルミネンセが一転残留することとなった一件を受けて、もうひとつの降格チームが法的手段に打って出た。

STJD(スポーツ司法上級裁判所)に告訴したのは、リオ・デ・ジャネイロの名門バスコ・ダ・ガマ。バスコはブラジル全国選手権の最終節「アトレチコ・パラナエンセ vs バスコ・ダ・ガマ」の試合中にスタンドで暴動が発生して試合が50分以上中断したことに言及。「アトレチコの一部のサポーターが行った行為は犯罪であり、あの試合は結果に関係なく我々に勝ち点3が与えられるべき」との主張を展開した。

今回の対象となっている試合では、先制を許したのを受けてバスカーノ(バスコ・ダ・ガマのサポーター)の一部が暴徒化。スタンドで小競り合いに発展すると、数で上回るアトレチコ・パラナエンセのサポーターが大勢を成して反撃。スタンドに転倒した一部のバスカーノに殴る蹴るの暴行を加えた結果、2人以上が重傷を負う事態に発展した。ヘリコプターで市内の病院に救急搬送されるなどして、試合は50分以上に渡って中断し、この出来事は世界中に発信されて大きな波紋を呼んだ。

事態の収束を経て再開された試合は 5-1 でアトレチコ・パラナエンセが大勝し、勝ち点を得られなかったバスコは18位が確定した。しかし今回訴えたバスコ側はアトレチコ・パラナエンセのサポーターによる暴動を重大な刑事事件と捉え、アトレチコ・パラナエンセの勝利を無効とするよう主張。アトレチコの失格敗戦として、バスコの不戦勝とするよう求めた。
仮に上記訴状が有効となってバスコに勝ち点3が与えられたとすると、バスコは勝ち点47となり14位に浮上。代わって順位をひとつ下げるフラメンゴが2部に降格することとなる。

今回の主張も STJD で審査されることとなり、結論は12月27日に出る予定だ。同日には、ポルトゥゲーザの控訴審判決も下される見込み。

2013.12.24

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。