Copa América 2015コパ・アメリカ 2015

メッシへの批判に反論するベロン会長 「メッシへの批判は失礼だ」

エストゥディアンテスのファン・セバスティアン・ベロン会長がアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを擁護
▲ ファン・セバスティアン・ベロン(8番)はコパ・アメリカを受けて批判されている後輩のリオネル・メッシを擁護した
かつてアルゼンチン代表MFとして活躍し、現在はエストゥディアンテスの会長を務めているファン・セバスティアン・ベロン氏が、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシに対する批判が出ていることに不快感を示した。

現役時代にラツィオやマンチェスター・ユナイテッドなどで活躍し、W杯にも3度出場するなど輝かしいキャリアを残したベロン氏は、引退後は自身の古巣であるエストゥディアンテスの監督を務めた。40歳の現在は、エストゥディアンテスの会長としてアルゼンチンサッカー界に貢献している。

先のコパ・アメリカでアルゼンチン代表が優勝を逃したのを受けて、国内外ではメッシを批判する声が挙がっている。だがそれらの批判に対してベロン氏は「失礼」と反論した。

「絶対論ではないが、仮にメッシを欠いて戦ったとしたらコパ・アメリカで我が国はどのような結果になっただろうか。私はコパ・アメリカで見せたメッシのプレイが悪かったとは思っていない。批判が的を射ているならまだしも、的外れな批判はメッシに失礼だ」

「我々アルゼンチン国民は20年以上国際タイトルを獲れていないことを忘れることはできないが、この世代は2年連続で優勝にあと一歩のところまで連れていってくれた。これは現代表のレベルがいかに高いかを表しているし、私はそこに敬意を表したい」

そう述べる一方で、ベロン氏はコパ・アメリカの決勝でヘラルド・マルティーノ監督が執った采配については、苦言を呈した。

「一部の人間は単調だった。タタの采配は同じポジションに同じ選手を投入したものだったが、戦術やフォーメーションを変えるくらいの大胆な交代があってもよかったのではないかと思う」

2015.07.07

★コパ・アメリカ 2019 ブラジル大会の順位表や結果などをチェックしたい方はこちら。

★コパ・アメリカ・センテナリオ 2016 U.S.A.大会の順位表や結果などをチェックしたい方はこちら。

★コパ・アメリカ 2015 チリ大会の順位表や結果などをチェックしたい方はこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。